HOME > 活動報告(旧) > 元会員がすすきの近くで洋酒と料理の店をオープン
  • 8月14日(金) 元会員がすすきの近くで洋酒と料理の店をオープン

    (大澤 委員 が、千歳ロータリークラブを退会後の会員を訪ね歩いて、その後をレポートしました!)

     

     

    DSCN3233

    元千歳ロータリークラブ会員の品田 聡 さん

     

     

    2005年4月~2008年3月に北電千歳支社長として当クラブに在籍していた品田聡さん(58)が北電を退職し今年6月、札幌市中央区で「wine&dish Pin」を開業しました。お店のロゴマークは「品」の字をアレンジしたグラスと皿、Pinは「品」の音読みだと分かります。

     

    早く行かなきゃ、と思いながら諸行事と重なり、なかなか行けなかったのですが、例会もなく特に行事もなかった週の14日に念願かなって訪問してきました。

     

    品田さんと言えば、在籍中はクラブ会報・広報・雑誌・IC委員として会報づくりに活躍されていました。会員コラムなど意欲的な紙面づくりを覚えている方も多いと思います。そして2006年のクリスマス家族会で披露したバーテンダーの腕前。バーテンダー協会の会員でもあり、カクテルや洋酒全般についての見識はまさに「プロ」でした。さらにモトクロスバイクをワンボックス車に積み込んで、泉沢のオフロードコースを駆けていたのを記憶されている方もいると思います。

     

    千歳支社から本店勤務となり、理事として函館支店長に。この函館で不慮の事故に遭い、車いす生活となった品田さん。千歳支社長時代から冗談のように「いずれ店を出したい」と言っていたのが、現実になって札幌の南4条西5丁目8番地F―45ビル地下に6月16日に「wine&dish Pin」を開店しました。このビルの9階には浅沼会員が経営する「和牛料理 壱頭(いっとう)」も入っています。

     

    午後6時前に店に着くと、品田代表と奥様、ご子息の健太さんが打ち合わせ中。案内されたカウンターの向こうに車いすの品田代表、テリーヌやフリット、スモークサーモンなどを盛り合わせた「おつまみセット」をつまみながら、交通事故のこと、開業の経緯、最近の当クラブの様子などを話題にグラスを傾けました。

     

    そのうち、当日お声掛けして応じてくれた入江武人元会員(元レラ総支配人)、尾﨑伊智朗元会員(北電の元千歳支社長)も来店し、入江さんの手術予定、尾﨑さんのお子さんのことなど話題が広がりました。

     

     

    地下鉄「すすきの」駅に近い便利な場所で営業時間は17:00~24:00、日曜定休です。電話011(215)0892。宴会は12人程度までのボックスがあり料理3000円コースと4000円コースにプラス飲み放題2000円となっています。札幌での会合に使ったり、出掛けたときにちょっと立ち寄ってみては…。

     

     

    DSCN3235

    右から品田さん、入江さん、尾﨑さん

     

    DSC_0002

    左から品田さんの名刺、浅沼会員の「壱頭」のカード、Pinのロゴマーク

     

     

    ( 記事・撮影: クラブ会報・広報・雑誌・IC委員会 大澤 雅松 委員 )