HOME > 2017 > 1月 > 26

例会報告
一覧

  • 1月26日(木) 第22回(通算2455回)通常例会開催報告

    日時:2017年1月26日(木) 12:30~13:30
    場所:ANAクラウンプラザホテル千歳例会場
    プログラム:通常例会
    担当:クラブ奉仕委員会

     

    DSC02019 DSC02034

    例会前の会員の様子と本日の昼食です。

    DSC02023 DSC02021

     

    ◇進行:SAA・プログラム委員会 武石 考司 委員

     

    DSC02024

     

     

    ◇ロータリーソング「それでこそロータリー 」斉唱

     

    DSC02028 DSC02027

     

    ◇「四つのテスト」の唱和   出席・資料管理委員会 今野 徳幸 委員

     

    DSC02030

     

     

    ◇友情の握手タイム

     

    DSC02032

  • 1月26日(木) お客様紹介

    齋藤 博徳 副会長

     

    DSC02035

     

    本例会のゲスト卓話でお越しの講師であります、札幌方面千歳警察署刑事第二課組織犯罪対策課係 係長 警部補 坂口 聡 様です。

     

    DSC02026

  • 1月26日(木) 会長挨拶

    大西 信也 会長

    DSC02037

     

    皆さん、こんにちは。ゲスト卓話でいらしていただきました、坂口様お忙しい中ようこそおいで下さいました。後程、卓話をよろしくお願いいたします。

     

    1月19日の千歳プロパスクラブの新年会に今野幹事と牟田社会奉仕委員長とで出席してまいりました。プロバスクラブを知らない会員もいると思いますので、改めて説明したいと思います。プロバスクラブ(Probus club)は、世界各地のロータリークラブが社会奉仕事業の一環として、退職した専門職や実業家(管理職)のためにつくった親睦団体で、義務として強制されない社会奉仕団体です。要するに 奉仕活動をするしないは自由ということですね。ロータリーとの競合を避けるため60歳~65歳以上という年齢制限があります。プロバス(Probus)とは、Professional(専門職)のProとBusinessman(実業家)のBusを合成した造語です。プロバスクラブの会員はプロビアン(Probian)と言いますが、千歳プロバスクラブではプロビアンという言葉は聞いたことがありません。何かトレビアンに似ていますよね。

     

    千歳プロバスクラブは、平成20年(2008年)4月、千歳RC創立40周年記念行事の一環として提唱され、同年6月24日に27名により設立されました。今年で設立から8年目となります。千歳RC創立40周年の時の会長は、福田パスト会長で千歳プロバスクラブの設立の発案も福田パスト会長でした。プロパスクラブは、ロータリークラブがスポンサーとして設立されますが、いったん設立した後は、ロータリークラブからは独立したクラブになり他のいかなる団体からの指図も受けず指導にも従わないという原則になっています。しかし設立して5年くらいまでは、千歳ロータリークラブは千歳プロバスクラブに資金を援助しておりました。例会は月1回開催されます。千歳ロータリークラブでは、社会奉仕委員会が担当し、千歳プロバスクラブと連携を図っています。現在、千歳プロバスクラブには元ロータリアンの方が3名おります。千歳プロバスクラブは、毎年12月に千歳市奨学基金に寄付をしております。国際ロータリーは、プロバスクラブの創立には関与していません。プロバスクラブとの関係についても公式意思表示も稀だそうです。事実ロータリー発祥の地でありロータリー活動のもっとも盛んな米国においても、プロバスクラブの数は今なお十数クラブに過ぎないそうです。この様な関係から千歳ロータリークラブの新年交例会と6月のさよなら例会には、千歳プロバスクラブの会長と幹事長を招待しております。

     

    話は変わりますが、大西年度になり例会の卓話は外部の講師の方が全てでしたが前回19日の卓話は初めて会員卓話となり新鮮な感じがしました。ましてや、斉藤えみこ職業奉仕委員長の司会で佐々木会員と野寄会員とのインタビュー形式での職業奉仕についての対話だったのも斬新だと思いました。佐々木会員と野寄会員のお人柄が出ていて良かったと思います。また、本当は別の会員でしたのに急用が出来たため野寄会員がピンチヒッターとなったということで、良く引き受けていただいたと感心しております。

    企画した斉藤えみこ職業奉仕委員長ありがとうございました。佐々木義朗委員、野寄豊文委員、お疲れ様でした。

     

  • 1月26日(木) 幹事報告

    今野 良紀 幹事

     

    DSC02042

     

    1. 例会日の変更

     

    (1) 2月9日通常例会 三役担当の「千歳市長卓話」から青少年奉仕・RA担当に変更になります。

     

    (2) 3月9日通常例会 三役担当のクラブ協議会から環境保全委員会担当に変更になります。

     

    (3) 3月23日通常例会 青少年奉仕・RA委員会から健康委員会の担当に変更となります。

     

    (4) 4月27日通常例会 健康委員会担当から三役担当の「千歳市長卓話」に変更になります。

     

    2. 部外団体等への出席

     

    (1) 1月20日、金曜日 千歳工業クラブ新年交礼会に会長が出席いたしました。

     

    (2) 1月26日、木曜日 千歳地区交通安全協会新年交礼会に会長が出席いたしました。

     

    (3) 1月26日、木曜日 札幌千歳会に斉藤副会長と藤川会員が出席いたしました。

     

     

    3. 下期会費とIM登録料の入金を2月15日までにお願いいたします。

     

    4. 本日例会後にこの場所にて大西年度理事会を行います。理事の方はよろしくお願いいたします。

     

     

  • 1月26日(木) 委員会報告

    ◇青少年奉仕・ローターアクト委員会 前田 浩志 委員長

     

    DSC02043

     

    ただいま今野幹事よりご説明がありましたが、当委員会の担当例会が3月23日から次回の2月9日の例会に変更となりましたのでPRさせていただきます。例会内容としては当委員会の荒 洋一 会員より「貧困な子どもたちへの支援」というテーマで会員卓話をしていただく予定です。ロータリー活動への参考にもなる貴重なお話が聞ける機会となりますので、多くの会員のご参加をお願いします。

     

     

    ◇大澤  雅松 次年度副会長

     

    DSC02046

     

    昨日1月25日、2017―18年度第1回理事会を、瀧澤会長エレクト(次年度会長)はじめ理事予定者11人全員が出席し、羽生会員が経営する「ゆきあかり」で開催しました。

    理事会では、瀧澤エレクトが千歳ロータリークラブへの思いを、50周年を迎える年度であること、ガバナー補佐を輩出する年度であることなども含めて語り、出席した理事からは活発に意見や提言が述べられました。瀧澤エレクトの思いを50周年記念事業に具体化する上で大いにヒントになる意見もあって、活動の展開が期待できるものでした。

     

    次年度に向け今後は、理事以外の各委員長を内定し、理事以外の各委員長が内定しましたら第2回理事会を開いて承認手続きを取り、さらに委員長会議、各委員会の構成、次年度へ向けたパスト会長会議などを順次、開催し、次年度計画の策定を進めていく予定です。さらに現在の大西年度のうちに50周年に関する実行委員会はじめ式典、祝賀、記念事業、記念誌など各委員会を立ち上げていくことになりました。

    これから会員の皆様お一人ずつに正副委員長や委員のお願いをしていくことになります。ご協力をよろしくお願いします。