HOME > 報告 > 活動報告 > 千歳RC 50周年記念事業「新品車椅子100台プラス海外へ修復車椅子寄贈」大作戦スタート

活動報告

千歳RC 50周年記念事業「新品車椅子100台プラス海外へ修復車椅子寄贈」大作戦スタート


来年4月に迎える創立50周年の記念事業として千歳RCは、5日に開設となった休日夜間急病センター「ささえーる」を皮切りに、千歳市内の公共施設に車椅子100台を寄贈していきます。合わせて市立千歳市民病院などで使っている既存の車椅子で同RC寄贈のものと入れ替える見通しの数十台を、点検修理の上でタイに寄贈します。

車椅子100台寄贈プラス修復車椅子の海外寄贈

市内公共施設への「車椅子100台寄贈プラス修復車椅子の海外寄贈」は、瀧澤会長年度に予定している50周年記念事業(末廣孝50周年実行委員長)の中でもシンボル的な事業です。車椅子は、まず地域の公共施設へ、さらに海外へ、そしてこれらを使う人やその周囲の人たちの未来を開く一助になり、瀧澤会長方針「あなたの愛を 地域へ 世界へ そして未来へ」をストレートに具体化していきます。

 

寄贈先は、市内の市公共施設で「ささえーる」、市民病院といった医療関連のほか市役所本庁舎と各支所、小中学校、福祉センター、コミセンや会館、生活館、武道館、温水プール、図書館といったさまざまな施設です。大半はアルミ製折り畳み式ですが、医療施設向けには転倒防止やボンベ搭載の機能が付いていたり、こども通園センター向けには体格に合わせて調整できるものなどを計画しています。

 

5日の「ささえーる」開設式には出張で不在の瀧澤会長に代わり末廣委員長、五十嵐桂一記念事業委員長、大澤雅松副会長、喜多康裕幹事の4名が出席。開設式後の贈呈式で末廣委員長が山口幸太郎千歳市長に目録を手渡しました。

 

これを皮切りに、各施設へ順次寄贈。市のあらゆる施設に、ロータリーの歯車のマークと「寄贈 千歳ロータリークラブ」の文字が入ったプレートを付けた車椅子を配備していきます。100台の配置が終えれば、市の施設ではどこでも千歳RC寄贈の車椅子を利用できるようになります。

 

なお、タイへの寄贈は11月7日にバンコク市内で予定しています。修復車椅子の海外寄贈はNPO法人「とんでけ 車いす」の協力を得て整備し、タイへの持ち込みは瀧澤会長はじめ千歳RC会員が航空手荷物として運びます。

 

過去の活動報告を表示