HOME > 例会報告(旧) > 会員卓話 「規定審議会と定款細則について」
  • 4月1日(木) 会員卓話 「規定審議会と定款細則について」

    定款・細則委員長 木村 照男

    年度末が近付き、これまで2度のフォーラムでの内容を取り入れたいと考えます。今後の会員数、出席率、地区でもどんどん減っています。当クラブでも細則でどうしていくか、70歳以上の会員が増えてくるとしたら、厳しい。会員増強が厳しい中で、現会員にできるだけとどまってもらえるよう運営しなければなりません。私もこれから一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします。続きまして、佐藤秀雄パストガバナーにお願いします。

    パストガバナー 佐藤 秀雄

    規定審議会に出席する代表委員は3年前から決まっていて、何度も打ち合わせして万全の状況で出掛けるのですが、私の場合は突然、指名されたので十分な準備もなく過去のことが分からずに行かなければなりません。福田委員長から提案が少なくなったとの指摘がありましたが、RIの定款・細則委員会で類似した提案を精査しており、その結果として件数が少なくなっています。

    2010年の人頭分担金は日本円で1人約5,000円、これが120万人分で60億円ということになります。使途は、RI職員の人件費で仮に3億円だとして残りが57億円。多分、RI会長の出張費ですとか委員会の費用、PR資料だとかで足りないということなのでしょう。提案される案件に対して、財政を伴うものは、RIに金がないから駄目だというコメントが付いています。RIは金のことばかりです。 シカゴへは、4月24日に出発して5月2日に帰ってきます。微力ですが、一生懸命頑張ってきます。