HOME > 活動報告(旧) > プロバスクラブが総会と定例会
  • 6月8日(火) プロバスクラブが総会と定例会

    千歳プロバスクラブは8日、リアンで平成22年度総会と第25回定例会(懇親会)を開きました。

    定期総会は会員24名が出席し、出席率80%となって議決定数の過半数を超え、成立しました。石井会長あいさつの後、豊田会員を議長に選出して事業報告と決算報告、監査報告を承認しました。また、事業計画と予算案を原案通り決定。役員改選は幹事会からの案を承認して、次の通りに新体制が決まりました。

    会長 寺本利明、副会長 齊藤武司、近藤愛子、幹事長 小見山貢、副幹事長 守田勝榮、幹事 山口郁夫、野澤邦彦、南雲公夫、豊田淳治、会計 山田三重子、監査 奈良孝秋、石井健吾(敬称略)

    定例会(懇親会)は、寺本新会長のあいさつ、新役員の紹介で始まり、千歳RCの岩崎暉久会長が祝辞。同RCの川端清幹事の発声で祝杯、祝宴に入りました。余興としてビンゴゲーム、カラオケなどで大いに盛り上りました。朝倉前会長の音頭で締めの乾杯。二次会を「あいりす幸子」(千歳祇園ビル4階)と案内し、7月の第26回例会は野外例会として13日(火)午前10時にリアンを出発して、佐々木農園でハスカップ摘みとジンギスカンパーティーを開くこととしました。