HOME > 例会報告(旧) > PRタイム
  • 9月30日(木) PRタイム

    祓川 勝文 会員

    整骨院の業務内容ですが、骨折、打撲、脱臼、捻挫、挫傷という怪我に対しては保険が適用されます。しかし、肩コリとか原因が明確でない症状については、保険が適用にならないことになります。その場合は、自費請求ということになりますので、だいたい私の気分でその値段は決まると思います。スポーツで怪我をしたとか、ギックリ腰、寝違い、などはだいたい原因が明確ですので、保険の適用になりますので、整骨院をお探しの場合は、北陽4丁目の祓川整骨院まで足を運んでいただければ、私が何とかいたしますので、よろしくお願いいたします。

    スパイラルテーピング療法という治療をやっておりまして、これは患者の症状に合わせて治療をしていくのですが、例えば首が痛いとか、腰が痛いなどの場合、腕に張ったら首の痛みが取れるとか、足に張ったら腰の痛みがとれるというやり方なのですが、話だけでは多分理解して頂けないのではないかと思います。これは、人間の経絡が、何百、何千という状態でありまして、その気の流れや、血液の流れ、などの様々な流れに刺激を与え、そこにテープをちょっと貼って体のバランスを取りながら痛みをとっていくという状態です。どうしてこのテープで、ということになるかもしれませんが、マッサージも悪くないのですが、マッサージのやり方によっては、良い筋肉も悪くしてしまう場合があるのです。痛みを出している場所は、炎症があり、腫れています。例えば、足首を捻挫した時に、腫れている場合は、マッサージや揉んだりはしません。その状態が、ギックリ腰を起こしたり、肩コリの場合もそのような状態でやはり腫れています。そのような腫れている状態を上から押さえつけるような揉み方をしてしまうと、さらに炎症を起こしてしまいます。この続きは整骨院に来ていただいて、お話したいと思います。