HOME > 理事会報告(旧) > 第9回理事会を開催
  • 第9回理事会を開催

     9月30日、例会終了後、ANAクラウンプラザホテル千歳で第9回理事会が開かれました。佐々木会長の挨拶の後、

    1. 例会について
    2. 10月17日の地区大会について
    3. 分収造林看板補修について
    4. 10月8日のピンクリボンチャリティーゴルフコンペについて
    5. 11月4日の丸駒夜間移動例会について
    6. 神戸南RC訪問について

    審議されました。

    審議の結果、

    1. 次回10月7日の例会は職業奉仕委員会担当のゲスト講師卓話で、柳谷牧子環境省北海道地方環境事務所支笏湖自然保護官による「地域の営みと資源を守る観光の模索」とする。例会の中にロータリー情報を組み入れる
    2. 大会会場へは、JRなどを利用して各自が集合する
    3. 老朽化が著しく、分収造林特別会計から8万円を支出して補修工事を行う
    4. 今野社会奉仕委員長から「コンペ、懇親会に参加できないメンバーも、ピンクリボンへの寄付をお願いしたい」と要請あり
    5. 健康委員会と具体的な打ち合わせをして天候や道路工事などの状況に合わせたコース設定と車両配置を計画する
    6. 11月14日出発、15日にゴルフコンペ、例会出席16日にゴルフまたは観光の2泊3日を基本に考える

    となりました。

    このほか、ロータリー情報委員会から10月22日にパスト会長会議を予定しており、後ほど該当者に連絡する旨の報告がありました。また、12月の年次総会に向けた会長ノミニー(次同年度会長)選出へ、10月28日の例会で会長から出席会員にノミニー指名を求める予定です。指名委員会によると決定した場合は同委員会を設置することになります。

    10月のプログラムは、次の通りです。

    • 7日(木)通常例会(担当:職業奉仕委員会)ゲスト卓話「地域の営みと資源を守る観光の模索」環境省北海道地方環境事務所支笏湖自然保護官事務所 柳谷牧子自然保護官〈アクト例会日〉
    • 17日(日)地区大会in札幌(14日振替)
    • 21日(木)早朝例会(担当:環境保全委員会)分収造林の手入れ
    • 28日(木)通常例会(担当:ロータリー財団・米山記念奨学委員会)ゲスト卓話「ふるさと」米山奨学生(北海道文教大学大学院グローバルコミュニケーション研究科言語文化コミュニケーション専攻2年 具利敏=ぐ・りみん=さん)《理事会》〈アクト例会日〉

    (国際奉仕委員長 大澤雅松)