HOME > 理事会報告(旧) > 第15回理事会を開催
  • 第15回理事会を開催

    第15回理事会を、12月2日の通常例会終了後、引き続きANAクラウンプラザホテル千歳の例会場で開催しました。

    佐藤晴一幹事から、来年1月6日の新年交礼会に外部に発送する招待状の確認のため、通常の月間最後の例会後では間に合わないことから開催となった経緯が説明され、12月16日のクリスマス家族会の準備進捗状況と合わせて審議事項とされた。また、1月のプログラムが一部変更となった。審議結果は、以下の通り。

    クリスマス家族会
    下山親睦活動委員長から、これまでに8割近い参加の返答が来ていることと、お子さん、お孫さんも20人程度が出席と報告された。余興は、会員によるバンド(仮称)「パラダイス大澤とロータリーボーイズ」の演奏と、家族会向けビンゴ大会を予定。バンド演奏は、夫人やお子さんにも参加いただく場面を設定している。ビンゴは、会員から景品への協力も出始めている。料理は、「まだ予算が決まっていないが、予算の範囲内で最大限、喜んでもらえるものにしたい」と、下山委員長がホテル支配人の立場で決意を示した。二次会も、これまで通り同ホテル最上階バーラウンジに希望者が集えるように設定する。親睦活動委員会では、さらに景品の提供を呼び掛ける。

    新年交礼会は、例年通りに市長、商工会議所会頭、観光連盟会長と、千歳、恵庭のロータリークラブ、千歳のライオンズクラブ、ソロプチミスト、プロバスクラブ、青年会議所に招待状を発送、ローターアクトクラブには合同例会として連絡する。会員には、可能であれば和装をと呼び掛ける。内容は親睦活動委員会を中心に詰めるが、余興などで外部から演者を招くのでなく、会員の活用やBGMなどにとどめ、招待者と会員、会員同士が交流できる場面を多くする。

    1月のプログラム変更は、13日(木)の通常例会担当をロータリー情報委員会から職業奉仕委員会にし、会員卓話とする。20日(木)の親睦活動委員会担当の夜間通常例会は、市長日程との兼ね合いでロータリー情報委員会担当の昼間の通常例会とし、市長卓話とする。

    27日(木)は当初計画通りにクラブ奉仕委員会担当のクラブフォーラムだが、その内容は今年度スタートして次年度も展開していくクラブ・リーダーシップ・プラン(CLP)に基づくクラブ運営について。今年度三役と次年度三役が協議して取り上げるべき話題、課題を早めに会員に知らせ、実りある論議になるようにする。

    (国際奉仕委員長、大澤雅松)