HOME > 例会報告(旧) > ガバナー補佐古川大之様のご挨拶
  • 1月27日(木) ガバナー補佐古川大之様のご挨拶

    国際ロータリー第2510地区第7グループガバナー補佐
    古川 大之 様

    今日は、IMのお願いに参りました。3月6日に長沼で開催させていただくということで、年度が始まって以来皆さまにお願いをさせていただいたのですが、いよいよ今年に入りまして、そろそろご案内を出さないと間に合わないということで、皆さまのご参加をお願いしたいと思い、お伺いいたしました。

    1月11日に、千歳セントラルさんで新年交礼会があり、参加させていただいたのですが、千歳クラブの佐藤パストガバナーもお見えで、1月11日が誕生日ということでした。親子クラブというのはありがたく、72歳のお誕生日をみんなで祝って、バースデーソングを歌っていました。私も参加させていただきました。本当にありがとう、という言葉をいただきました。72歳ですので、まだまだ頑張っていただきたいと思います。会長の坂井さんも60歳ということで、一回り違うという話もしていました。人が生きていくということは誰かに借りを作ること、生きていくということはその借りを返すこと、と永六輔が言っていましたが、私たちロータリアンもいただいたお礼はどこかでしっかりと返していかなくてはいけないとういことを感じました。

    昨日は恵庭クラブにお願いに上がり、引続き今日なのですが、やはりすごいなと思いました。きちんとした例会が出来るということが一番大事なのだということを感じました。千歳クラブさんのきちんとしている雰囲気はすごいなと感じております。

    3月6日は皆さんに集まっていただきまして、勉強会をしたいと思っています。地区大会で、長沼と恵庭クラブの社会奉仕についてお話をさせていただきいたのですが、他の4クラブの話は出なかったのですが、やはり第7グループ全部のクラブの取り組みについてご報告させていただくべきだということで、地区の小冊子が出ます。長沼の地は例年の3倍くらいの雪となっています。非常に厳しい冬を迎えていますが、3月は長沼の一番良い時期ですので、IMを通して友情を深めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。