HOME > 例会報告(旧) > 会長挨拶
  • 3月10日(木) 会長挨拶

    会長 佐々木 金治郎

    今月2回目の例会となります。1回目の例会は6日で、第23回のIMということで、長沼ロータリークラブに全員登録でお邪魔させてもらいました。IMに出席した皆様、そして全員登録をしていただいた我がクラブの皆様、本当にありがとうございました。そのIMの中で、当クラブの酒井会員が分収造林について発表していただきました。5分間の持ち時間の中でのスピーチは困難だったのですが、非常に内容が濃く、素晴らしい事業を第7グループの皆様に紹介して下さったことに感謝申し上げます。そして、全員登録ということでしたので、私たち出席者も胸を張って出席させていただきました。

    また、私ごとになりますが、今日は大きな思い違いをしておりまして、ローターアクトクラブのボウリング大会を、夜間例会のボウリング大会だと思いこんでいました。ボウリング大会には、ゲームには出席できないのですが、夜間例会に出席すると思って、「今日は夜間例会ならアルコールもあるのかな」と思って、事務局へ電話しました。すると、事務局員の伊藤さんはおらず、末廣パスト会長が出られて「何でこの時間におられるのかな」と思ったのですが、末廣パスト会長は「今日はローターアクトクラブについて卓話をするから、資料を調べている」とおっしゃられるのです。何か変だなと思い、「今日は夜の例会ですよね」と確認したところ、パスト会長は「そんなことはないよ」と言われて気付きました。末廣パスト会長に電話に出ていただけなかったら、今日の会長挨拶ができなくなって、皆様に非常にご迷惑をかけることになることでした。思い過ごしというのは恐ろしい事だとつくづく思いました。また、自分自身も3月になって、あと何ヶ月などということを考えていて、そういう気の緩みがこういう思い過ごしにつながっていったのかなと思い、あらためて気を引き締めて、残りの会長生活を頑張りたいと思います。これからも、びしびしとご指導をお願いしたいと思います。