HOME > 活動報告(旧) > 千歳プロバスクラブ定期総会
  • 6月14日(火) 千歳プロバスクラブ定期総会

    今村会長エレクト挨拶                          奈良新会長

                            

    千歳プロバスクラブが定期総会を開く。

    ~奈良孝秋氏が第4代会長に就任~

     千歳プロバスクラブは、14日、リアンにおいて平成23年度定期総会と第37回通常例会及び懇親会が開かれた。

     定期総会には会員24名が出席し、寺本会長のあいさつにはじまり、事業報告、決算報告、決算報告が承認され、続いて平成23年度の事業計画、予算案が原案とおり決定し、役員改選は幹事会から報告の案が承認された。

     平成23年度新役員体制は以下のとおりである。

     会長 奈良孝秋、副会長 齋藤武司、山田三重子、幹事長 山口郁夫、副幹事長 守田勝栄、幹事 小見山貢、野澤邦彦、南雲公夫、豊田淳治、会計 小見山貢、監査 石井健吾、佐々木徳昭(敬称略)第37回通常例会では、新役員の紹介に始まり、奈良新会長のあいさつ、千歳RCの今村靜男会長エレクトから「千歳プロバスクラブは発足4年目を迎え、3年間、地域おいて社会奉仕活動に実績を積んでおり、高い評価を受けていることに敬意を表します」と祝辞があり、あわせて祝杯の発声をし、懇親会に入った。

     今村会長エレクトは、リアンで開かれていた次年度の合同委員会出席のため、祝辞を終えた後は中座したが、プロバスクラブ会員は、祝宴では盃を取り交わしながら大いにプロバス活動を語り合い、余興ではビンゴゲームやカラオケで多いに盛り上がったとのこと・・・

                              (記録:次年度幹事・酒井宏)