HOME > 例会報告(旧) > 会長挨拶
  • 3月29日(木) 会長挨拶

    会長 今村 靜男

     3月1日に通常例会を行いました以降、8日が11日に振替として「3・11東日本大震災『絆で結ぶあったか千歳』」を行い、15日は18日に由仁で開かれました「IM」で移動例会として振替、22日は春期休会と例年3月は例会場を離れての例会が多く、本日は久し振りに戻りました。

     3月11日、千歳セントラルRCとの共催で「あったか千歳」チャリティイベントを行い、千歳に避難していますご家族(25世帯66名)への「避難者支援金」として102万円余の寄付金を頂きました。これは、千歳クラブの皆さんをはじめ、多くの市民の皆さんのご支援によるもので、心より感謝とお礼を申し上げます。

     今回のチャリティでチケットが527枚で52万7千円、生活情報誌「ちゃんと」広告料で48万円、会員からの寄付金4万2千円、千歳RC支援金(新年交礼会での寄付)8万4千円などを頂き、その中から必要経費を除いた102万4,056円を「避難者支援金」として千歳にあります福島・宮城・岩手の三県人会を通じて避難ご家族に贈ることとして、本日、各県人会の指定する口座に振り込むこととしています。本日、振り込み終了とともに実行委員会は解散となりますが、昨年11月に発足しました実行委員会に携わりました方々やチケット販売などでご協力を頂きましたクラブ会員皆さんに重ねてお礼を申し上げます。

     18日、由仁RC主催の第24回第7グループインターシティミーティング(IM)が 開かれ、当クラブは26名が登録し、13名が出席しました。パネルデスカッションのテーマは「長期計画 未来の夢計画」で、宮本伸司会員にパネラーとして参加頂きました。大坂ガバナー補佐から「パネラーはロータリー歴の浅い方」という意向があり、宮本会員にお願いしたところ快諾を頂きましたが、札幌への人事異動発令があった直後にもかかわらずパネラーとして責任を十分果たして頂きました。宮本会員に感謝申し上げます。

      次年度のガバナー補佐は、当クラブから佐々木昭PCが出ますので、第25回IMは千歳RCが担当ということになります。今年度の第7グループの会長・幹事会において、当クラブからIMを含めて各種行事には経費を掛けないようにと申し入れた経緯がありますので、当クラブでの開催時においても同額の6,000円程度になるものと思っています。具体的には佐々木昭ガバナー補佐を中心に検討すべきと考えています。なお、次回のIM実行委員長を私、今村が受けることになっておりますので、ご協力の程お願い致します。

     3月もあっという間に終わりになって来ましたが、大きな行事を終えることができました。残り3ヶ月を各委員会ごとに検証し、計画したもので未実施の案件は完了するようにお願い致しまして、挨拶といたします。