HOME > 例会報告(旧) > 卓話(2)「親睦について」
  • 8月8日(木) 卓話(2)「親睦について」

    村上委員長の卓話の後、例会時間も少し残った事から、大澤幹事より直々に指名がありました。

    大澤幹事からの指名

     先ほどの幹事報告でもご紹介しましたが、8月号のガバナー月信に登場している、地区職業奉仕委員長の福田武男パスト会長に一言お願いしたいと思います。

    福田 武男 パスト会長(RI2510地区 職業奉仕委員会 委員長)

    卓話(福田地区委員長)

     こんにちは。ご指名ですので少しお話させて頂きます。地区や各クラブで職業奉仕フォーラムをしたいという考えがあるのですが、既に卓話の要請が、静内と室蘭の二つ程来ております。

     私は千歳ロータリークラブの前年度職業奉仕委員長をしていました。その時にお話した事で「親睦と奉仕」の話があります。奉仕は「サービス」と表現されていますが、この話をすると時間が足りなくなるので、今回は親睦についてのお話をいたします。

     親睦には二つあります。一つは 純粋な親睦、もう一つは感性的な親睦です。

    純粋な親睦       = 勉強する事

    感性的な親睦     = お酒を飲んだりゴルフをしたりして楽しむ

     ロータリーに入会して3年が経った頃、私は委員長を任され、ローターアクト等を調べていくうちに、奉仕を通じての親睦、奉仕活動をしながら親睦を高めるという事を聞き、ロータリーでは奉仕というのは親睦をしてから行うものであり、奉仕の歯車と親睦の歯車のうち、奉仕の歯車を直接回してはならない。親睦の歯車をまず回してから、そのエネルギーを奉仕のギアに伝え、回して行くのだ、という事が純粋の親睦だと学びました。ゴルフをしたり、飲んでいるだけでは感性的な親睦であります。親睦と奉仕はロータリーの玄関口です。親睦を深めてから奉仕のギアを回す、という事を実践していきましょう。以上でお話を終わります。

    大澤幹事・・・福田地区委員長、限られた時間の中、ありがとうございました。ここで、気になっている事があります。先ほどの村上委員長の卓話にしても、福田地区委員長のお話にしても、分かり易いお話を頂いていると思うのですが、入ったばかりの会員はどう受け止めているのか、本日出席の二人に感想を聞いてみましょう。

    喜多会員・・・分かり易く説明して頂き、理解し易かったです。

    稲川会員・・・本当に皆様が分かり易く説明して頂けるので勉強になりました。素人でも分かり易いと思います。

    大澤幹事・・・二人とも、しっかり聞いていたようですね。これなら新入会員の退会はまずないでしょう。(^^)