HOME > 例会報告(旧) > 議事(クラブ細則改正について)
  • 4月17日(木) 議事(クラブ細則改正について)

    議長:川端 清 会長

    議事

     当クラブの細則の改正に関してですが、本細則は20106月以来改正しておらず、この間に2度の規定審議会により、クラブ定款が2度改正され、4年前の細則との乖離(かいり)が生じているのが改正の大きな理由です。2010年規定審議会でロータリーの「四大奉仕」が「新世代奉仕」を加え「五大奉仕」になり、2013年規定審議会による新たなクラブ定款では、その「新世代奉仕」が「青少年奉仕」に言い換えられています。この大きな変化に合わせる一方で、CLP(クラブ・リーダーシップ・プラン)による簡素化された委員会構成ではなく、千歳RCの現行の組織体制、委員会構成とも整合の取れた細則にしました。また、文章表現が重複したり、古めかしいもの、煩雑過ぎて現状に合致しない部分は整理した内容となっています。

     その後、川端議長より細則の変更点がこと細かに会員に説明された後、質疑応答(質問者なし)の後、審議に移り、出席会員の満場一致の賛成で可決されました。