HOME > 例会報告(旧) > ガバナー挨拶
  • 5月24日(土) ガバナー挨拶

    RI第2510地区ガバナー 我孫子建雄 様 代理 パストガバナー 佐藤 秀雄 様

    ガバナー挨拶佐藤PG代理

     RI第2510地区第7グループの皆さま、こんばんは。本日は楽しいゴルフ・勉強会・懇親会とこの様な企画の下、素晴らしいIMが開催されました事を心から御礼を申し上げます。本来は我孫子ガバナーが来て、皆さまにご挨拶をすべきですが、岩見沢RCの60周年と重なりまして、私が代わりにご挨拶をさせて頂きます。

     RIについて、今現在一世紀を経まして原理原則が変化して参りました。過去には厳しく一業種1名でした。例会を4回欠席したら除名だ、という規定もありましたが、現在は非常に緩和されました。また、例会はパソコン例会も世界各地で行っており、日本でも6クラブがパソコンでの例会を行っております。RIの現在の方針は会員拡大と会員増強、そして財団、この3つを強力に重きをおいて推進している現状だと思います。やはりロータリーの原点に返る事が私は非常に大切であると思います。ロータリーと他のボランティア団体との違いは職業奉仕だと皆さんが聞いていると思いますが、職業奉仕を勉強する事によって奉仕の心、ロータリーの理念が自分の血となり肉となってロータリー運動に邁進出来る確固たる信念が出来上がるのだと思っております。今回、地区の職業奉仕委員長の福田 武男 会員から「利己と利他の調和とは?」との演題で勉強会を開催して下さるとの事ですので、大変期待をしております。

     最後になりますが、是非皆さまにお願いしたい事は、由仁RCが5名になり、一瞬私は解散するのではなかろうかと危惧しておりましたが、大川ガバナー補佐のご尽力により由仁クラブは継続するとの事で大変嬉しく安堵致しました。由仁町民と皆さま方が何かの取引等で接点がありましたら、是非由仁RCに入会して頂くよう、応援・支援をお願い致します。是非一人でも多く由仁RCが会員の増強を出来るように心からお願いを致しまして簡単措辞ではございますが挨拶とさせて頂きます。どうも有り難うございました。