HOME > 例会報告(旧) > 会長挨拶
  • 5月29日(木) 会長挨拶

    川端 清 会長

    会長挨拶

    本日は天候も良く、とても気持ちの良い日です。本日は久々の通常例会ですね。

    5月17日に長沼国際交流フェスティバルに参加を予定しておりましたが、個人的な所用が発生し、出席出来ませんでした。代わりに南雲 州治 国際奉仕委員長に出席して頂きました。

    5月19日、千歳姉妹都市交流協会の第1回アンカレッジ委員会に出席して参りました。姉妹都市提携45周年の節目の年を迎え、交流を深める目的で高校生の交流、YOSAKOIソーランの演舞をアンカレッジで披露する計画が有りました。訪問団を結成する予定ですので会員の皆さんの参加も歓迎しております。

    5月24日、IM in 恵庭に沢山の会員が参加下さいまして有り難うございました。お陰様で大変盛り上がったと思います。特に丹治会員のボウリング大会への参加が素晴らしかったと思います。やはり歳ではなく、やる気の問題だとつくづく教えられました。

    IMでは佐藤 秀雄 パストガバナーが高齢会員の処遇改善について話され、また福田 武男 地区職業奉仕委員長が基調講演で「利己と利他の調和とは」から始まり「めだかの学校のように」まで内容豊富なお話をして頂き、IMの盛り上げに貢献され大変お疲れ様でした。

    それでは、本日の例会をよろしくお願い申し上げましてご挨拶とします。