HOME > 例会報告(旧) > 来賓代表挨拶
  • 1月8日(木) 来賓代表挨拶

    千歳市長 山口 幸太郎 様(当クラブ名誉会員)

    市長挨拶

     

    皆さま、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。本日、私にとっても親しみのある皆さまが沢山いらっしゃいます、千歳RCの新年交礼会へお招き頂き、大変嬉しく思っております。千歳RCの皆さまには行政が大変お世話になっている事をお礼申し上げます。とりわけ、グリーンベルトの整備に当たりましては、桜の苗木を寄贈して頂くなどお力添えを頂きました。その場所で春祭りを開催しておりますが、その祭りにおきましてもイベントを持ち寄って頂き、盛り上げて頂いております。本当に有り難うございます。

     

    本日の新年交礼会、千歳RACの美しい会員の皆さまと共に参加出来る事も大変嬉しく思っております。それから、本日は恵庭からもお客様がいらっしゃっておりますし、多くのクラブからもお客様がいらっしゃっておりますが、私からも千歳RCが大変お世話になっている事を感謝申し上げます。

     

    さて、お陰様で当千歳市も北海道の中で発展しているマチの一つであり、大変嬉しく思っております。私は「1年1字」という事で、毎年、年頭に1字を掲げて市民の皆さまと一緒に進んでいこうと思っているのですが、今年は「」という漢字を掲げさせて頂きました。昨年は「躍」、一昨年は「翔」だったのですが、毎年前に進もうという字を選び、務めさせて頂いておりますが、この「伸」という漢字を選択したのは、まさしく皆さまとこれまで培ってきました勢いを更に伸ばしていきたいという想いです。

     

    とりわけ具体的な目標と致しましては、市の人口設定を総合計画では95,000人としておりますが、この目標は既に達成済みですので、これを97,000人とし、上方修正したいと考えています。全国的に人口が減っている中でそういった目標とする事は大きな決断でありますが、皆さま方のお力添えを頂きまして目標を達成したいと考えています。

     

    最後になりますが、ロータリークラブの行動の起点といいますのは、当然、職業奉仕という事になります。ですから、それぞれの皆さまの企業やお店がこれからますます発展されますようにお祈り申し上げたいと思います。今年も民間の活力、ダイナミズムを是非発揮して頂いて、「伸」にふさわしい1年にしていきたいと思っておりますので今後ともどうぞよろしくお願い致します。