HOME > 例会報告(旧) > 第37回(通算2365回)通常例会開催報告
  • 3月12日(木) 第37回(通算2365回)通常例会開催報告

    日時:2015年3月12日(木)    12:30~13:30

    場所:ANAクラウンプラザホテル千歳11Fスカイラウンジ

    プログラム:通常例会

    担当:ロータリー財団・米山記念奨学委員会

     

    掲示板

     

    本日の例会は、ロータリー財団・米山記念奨学委員会担当の通常例会でした。米山奨学生の文 盛載 (ムン・ソンジュ)様を講師に迎え、『私の好きな日本語「分かりました」』というテーマで卓話をして頂きました。米山記念奨学生から卓話を頂く機会が少ない事もあり、本日は大勢の会員が出席されました。

     

    外の景色 昼食 例会前の様子1

     

    ※本日の例会は11Fスカイラウンジで開催されました。11Fからの外の景色と、本日の昼食、例会前の会員の様子です。

     

    3分間スピーチ:前田 浩志 会員(株式会社協栄土建 代表取締役)

     

    3分間スピーチ

     

    それでは、企業紹介をさせて頂きます。弊社、株式会社協栄土建は昭和38年4月に、私の祖父に当たります初代の前田 徳蔵が創業し、昭和46年1月に株式会社として法人化しました。当初は土木専業会社として営業していました。その後、私の父である前田 豊司 が札幌市職員、千歳市職員を経て入社し、大学の専攻が建築科で役所でも建築担当の監督をしていた経験から、建築工事業も始める事となり、現在の総合建設業という形になっております。昭和53年7月に父が2代目となり、2011年まで経営者を務め、現在の当社の基盤を作り上げられた訳ですが、2011年10月に他界してしまい、同年11月より私が3代目の経営者として社業を引き継ぎ、代表を務めております。

     

    現在、当社は職員30名で営業しております。土木工事に関しては、千歳市や北海道発注の公共事業を中心に、競走馬生産に関わっている牧場の土木工事なども行っておりますし、建築工事に関しては、現在は民間工事を中心に営業しております。本日お集まりの多くのロータリアンの皆さまにも昔からご愛顧頂いております。この場を借りてお礼申し上げます。もちろん、公共事業の方にも積極的に参画しております。

     

    ここで、弊社の経営理念をご紹介したいと思います。「当社は顧客・発注者の要請に対し、高品質なものを安全に、素早く、安価で提供する事で応えていくと共に、新たな時代に向け、一致団結した活動を通じて地域社会に貢献する。併せて全社員の成長と幸せを実現する事を経営の理念とする。」です。時代と共に変化する、新しいニーズをしっかりと認識しながら、社員一丸となってお客様のご期待に応えていく事で地域社会から必要とされる会社になっていけると考えています。

     

    先ほども申し上げさせて頂きましたが、多くのお客様にご愛顧頂いたからこそ、現在の当社があると思っておりますし、こうやってロータリークラブにも入会させて頂けたと思っております。皆さん、本日は11階での例会ですので、窓から外を見渡してみて下さい。見るもの全てが私たちの業界で作られたものですよね。地域に有事が起きた際の出動といった事も含め、そういったこの世になくてはならない業界にいるのだという気概を持ち、今後も技術力の研鑽に努め続け、皆さまのご期待に応えて参りたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。ご清聴有り難うございました。

     

    進行:SAA・プログラム委員会 大澤 雅松 委員

     

    進行

     

    ロータリーソング「それでこそロータリー」斉唱

     

    ロータリーソング

     

    四つのテスト:青少年奉仕・ローターアクト委員会 稲川 和伸 副委員長

     

    四つのテスト

     

    友情の握手タイム

     

    握手タイム