HOME > 活動報告(旧) > 千歳RAC第13回定例会参加報告
  • 4月2日(木) 千歳RAC第13回定例会参加報告

    4月2日(木)19時より、ANAクラウンプラザホテル千歳にて千歳RAC第13回定例会が開催されました。今回は、共同提唱三クラブの千歳RCより7名、千歳セントラルRCより3名、恵庭RCより2名の会員と千歳RACからはメンバー9名が出席されました。

     

    夕食 定例会前

     

    ※本日の夕食と会員の様子です。

     

    進行 会長挨拶

     

    ※進行の近藤 房之助 会員と会長挨拶をする北村 秀美 会長です。

     

    今回の定例会では、先月21日、22日に福島県で実施された「全国ローターアクト研修会」について、吉岡 毅 会員より参加報告があった後、北村秀美会長より福島県の被災地現地視察の様子と復興が一向に進んでいない現状が紹介されました。その後、22日に行われた代表者会議の模様が再び吉岡会員より報告され、併せて今回の研修会の総評も頂きました。吉岡会員は「福島県での震災後、福島ではローターアクトのメンバーが大幅に増加したそうです。それが今大会誘致のきっかけにもなったのですが、総じてメンバーの意識が高いと感じました。当クラブも会員数をただ増やすだけではなく、より意味のある活動を行えるような体制作りが必要だと感じています。」と結ばれました。

     

    参加報告 吉岡君

     

    ※スクリーンを見て説明する吉岡会員です。

     

    画像1 画像2 画像3

    画像4 画像5 画像6

     

    ※当日のスクリーンショットです。クリックしてご覧下さい。

     

    後段の「今後の会員増強について」では、北村会長が千歳RAC会員10名で事前に集まり、今後の増強について話し合った結果について発表されました。まずは、更新が滞っているFacebookの更新作業を進め、その発信によって広くローターアクトの活動に興味を持って頂き、友人や知り合い、地元の大学などに出向いて勧誘を行う。新入会員の会費について免除期間を設けるなどして、まずは活動を体験して貰う下地を作る。そんな増強活動を進めていきたい旨、発表がありました。

     

    定例会の終わりに、千歳RCの沼田 常好 会長エレクト、恵庭RCの西村 英晃 会員、千歳セントラルRCの関根 悟 会員より今回の定例会の講評がなされ、激励の言葉と共に本日の定例会が終了しました。今後の千歳RACの更なる会員増強に期待しています!

    (報告記録:千歳RC クラブ会報・広報・雑誌・IC委員会)