HOME > 例会報告(旧) > 次年度三役担当卓話
  • 4月23日(木) 次年度三役担当卓話

    沼田 常好 会長エレクト

     

    DSC00545

     

    1.次年度活動方針について

     

    2015-16年度千歳RCの第48代の舵取り役を務めさせて頂く事になりました。私にはたいへん荷が重いのではありますが皆さんのご協力の下、実りある1年になるように楽しいクラブ運営を三役、理事、各委員長、そしてクラブの仲間と共に行っていきたいと考えております。ご指導、ご協力をお願い致します。私たちは仕事上、あるいは個人的なお付き合いや関係を持ち、信頼出来る仲間としてクラブに集い、職業奉仕、社会奉仕を通じて友情と信頼関係を深めています。私たちロータリーに集う者はそれぞれ価値のある事業(仕事)を持っています。一人の人間として、また社会人として世代を超えて繋がっています。この繋がりを大切にしながら1年を楽しく共に歩んでいきたいと考えています。

     

    1年間の会長方針として、「利己と利他の調和の元、共に楽しく歩む」を掲げさせて頂きました。

    ・「利己」= 自分の利益ばかりを考え、他人の事を考えないこと

    ・「利他」= 自分の事よりも他人の利益や幸福を図る事

    この「利己と利他」の言葉は職業奉仕の中にも出てきています。私たちは事業(仕事)を行う事により利を得ています。これは恥じる事ではありません。利を得る事により事業が成り立ち、社会に貢献する事が出来るのですから。

     

    「共に楽しく歩む」は、千歳RCは年齢の層が厚いクラブであり、その人生観を感じながら共に歩んでいける1年でありたいと思います。そして「楽しく」はクラブの仲間と会う楽しみ、クラブの例会に出席するのが楽しみ、そんなウキウキ、ワクワク出来るようなロータリー運営に努めていきたいと考えています。よろしくお願い申し上げます。

     

    2、RI第2510地区目標について

    次年度の地区目標として

    ・会員増強・維持率向上の推進(会員数5%純増)

    ・オンラインツールの活用・推進

    ・人道的奉仕活動の継続と推進、ポリオ撲滅、復興支援、国際奉仕活動の継続と推進

    ・ロータリー財団への理解と継続支援、財団に関する情報発信、直接間接的寄付の継続

    上記4項目と重点目標についてご説明がありました。

     

    3.2015-16年度RI会長メッセージについて

    2015-16年度RI会長のKR.ラビンドラン氏は「世界へのプレゼントになろう」(Be a Gift the World)という次年度テーマを掲げました。

    KR.ラビンドラン氏のメッセージです。「毎時間、毎日、毎年は自分に与えられたものであり、貴重であっという間になくなります。その時間がかけがえのない時間である事を私たちはどうしたら気付くでしょうか。生まれると同時に私たちは色々な物を授かります。最初に授かるのは命です。そして、愛、思いやり、家族を授かり、教育、健康を授かり、学びを通じて才能と能力を授かります。

    人生において、親、友人、伴侶、子供、生計手段、物質的な豊かさなどは、どれもが私たちに授けられたプレゼントです。有り難さに感謝の気持ちで一杯になる事もあるでしょう。皆さんはこのような有り難いプレゼントに一体幾つ恵まれてきたのだろうかと思うのではないでしょうか。私は自分にそして皆さんに次のように問います。どうしたらその恩返しが出来るでしょうかと。

     

    私たちの第1の課題、そして最も重要な課題はポリオの撲滅です。25年以上前に私たちがポリオ撲滅の誓いを立てた時、125カ国にポリオが常在し、毎日1,000人以上の子供がポリオにより麻痺障害を患っていました。現在ポリオ常在国は3カ国、そして昨年のポリオ病例数はわずか333件となりました。その殆どはパキスタン1国より報告されたものです。この国で私たちが闘う相手はポリオウイルスだけではなく無知、残忍さ、抑圧の力です。私たちの課題はワクチンを子供たちの口に届けるだけではなく、殺戮者たちから予防接種従事者を守る事であります。25年分の活動、そして何百万という人たちの信念、献身、信頼が卑劣な敵によって貶められる事はありません。私たちは闘い続け必ずや勝利します。何故なら私たちはポリオのない未来をプレゼントすると世界の子供たちに約束したからです。私たちは必ずやこのプレゼントを子供たちに贈ります。」

     

    4、自分の人生での出来事について

    私は37年前に千歳に来ました。祖父母のやっている会社に勤務させて頂いたのですが、社長が亡くなり31歳で事業を立ち上げる事になりました。その時に私の人生は一変したと言っても過言ではありません。現在に辿り着くまで色々な方と出会いました。そうした経過で今の立場があります。現在、色々な役目をやっておりますし、今後事業がどうなっていくかは分かりませんが少しでも千歳のマチに恩返しをしていきたいと思っております。最後に村田年度の時に桜の木を植えました。それを対岸に移植するという事業を今年度地区に提出したいと思っています。申請して地区に通るか分かりませんが、提出させて頂きたいと思いますのでご協力をよろしくお願いします。

     

    藤川 俊一 次年度幹事より

     

    DSC00550

     

    私は2007(平成19)年7月に入会しました。入会して3年程は参加していない時期もありましたが、最近、活動に参加させて頂いています。7月からは90%以上の出席を目標に頑張らせて頂きます。

    本日の次年度理事会で次年度の組織や例会内容などが大方決まります。ガバナー公式訪問に関しては9月24日に開催します。ご出席をお願いします。また、ご案内のありました「グリーンベルト春まつり」ですが、来年以降も5月の第3土曜・日曜に開催するという事も聞いておりますので、桜の移植に関してもその時期にテントを張り、行いたいと思っていますのでご協力をお願いします。地区の状況等については今後ご報告させて頂きますし、沼田年度の運営に対する変更点につきましては随時ご連絡致します。

     

    親睦活動委員会 斉藤 えみこ 委員長より

     

    DSC00552

     

    ※グリーンベルト春まつりのチケット販売に関して、2,000円のチケット30冊の完売と17日の14時よりロータリー席が確保される旨、ご報告されました。