HOME > 例会報告(旧) > 撞木(しゅもく)の儀
  • 6月25日(木) 撞木(しゅもく)の儀

    司会者より「ロータリアンにとってはおなじみの儀式ではございますが、例会時に行っております開会、閉会の際に点鐘を鳴らす木槌を現年度の藤本会長から次年度の沼田会長に引き継ぎをする儀式を行います。」と新旧三役の引き継ぎセレモニーである「撞木の儀」の説明がありました。

     

    説明後、新旧会長・幹事の皆様がステージに登壇されました。

     

    撞木の儀    撞木授与

    ※旧会長 と 新会長     「撞木」が新年度へ引き継がれました。

     

    続いてバッジの引き継ぎが行われました。

     

    056    058

    ※藤本会長から沼田会長へ   五十嵐幹事から藤川幹事へ

     

    次年度 沼田 常好 会長 ご挨拶

     

    来週から2015~16年度千歳RC会長を仰せつかりました沼田でございます。どうぞよろしくお願いたします。次年度は役員を殆どやったことがない若い方々で固める事にしました。何故かと言いますと我々ロータリークラブには沢山の年齢層がいます。その中でこの若い人達が今、ロータリー活動が出来るのは諸先輩達が礎となり人を作って下さったからであると思います。その上で若い人達がこれからのロータリーを作っていく、そういう意味で来年度本当に出来るかどうかも分かりませんし、ミスもあるかもしれませんが皆さんで支えて頂きたく思っております。よろしくお願い致します。

     

    新旧交代

    ※新旧交代の固い握手