HOME > 例会報告(旧) > 会員増強委員会卓話
  • 8月6日(木) 会員増強委員会卓話

    会員増強委員会 PC 村田 研一 委員長

     

    卓話

     

    本日は会員増強委員会の例会となっております。今現在、当クラブは58名、今年度はあと最低2名増やして60名でやっていきたいと思っています。次年度に向けては、やはり50周年時には70名体制で進んでいければと考えています。

     

    会員増強のスローガンは「一人ひとりが実践しよう、会員の勧誘と維持」で、勧誘だけではなく維持ももちろん実践しようということです。会員増強するために何をするかですが、

     

    1.その項目として

     

    ①    会員増強をするために広報活動を行う。

    ②    会員増強のための施策を企画し、実増を目標に活動する。

    ③    会員基盤を築くための職業分類表調査をし、ロータリーを分かち合い、それに該当する資格のある候補者を探し出す。

    ④    会長(沼田会長よろしくお願いします)から一貫した熱意ある要請。

    ⑤    退会防止を図るための施策を行う。

    ⑥    新会員に対しては少なくとも2年間は2名の指導担当を決めて(推薦者2名の方を指名していただき)、クラブ活動への溶け込み、ロータリー教育、新会員のための充実したプログラムを実施する。

     

    新入会員が休会した時には会長方針にもありましたが「次回は待っているよ」と声掛け運動をして何とか例会に出るようにしていただければと思います。

     

    2.今までの会員増強の例として

     

    ①    会社の転勤等は次の方を必ず紹介していただく。

    ②    千歳青年会議所OBの方に入会していただく。

    ③    ライオンズクラブ等を退会された方を勧誘。

    ④    会員の友人や知人などを紹介していただく。

    ⑤    旧会員の企業の掘り起こしをする。

    ⑥    会社の取引先を勧誘していただく。

    ⑦    会員のご子息ご息女も一緒に入会する。

     

    この後、時間をいただいて各テーブル毎に「こういう人がいる」「ああいう人がいる」ということを話し合っていただいて、その後、各テーブル毎に発表して頂きたいと思いますのでよろしくお願いします。こういうテーブルディスカッション的な例会もしてみたいなと常日頃思っておりました。では各テーブル10分間ほど話し合いをお願いします。

     

    DSCN9028 DSCN9029 DSCN9030

     

    ※テーブル毎に会員増強について熱心に話し合われました。

     

    テーブル1 テーブル2 テーブル4

     

    ※テーブルで出たお話を発表するテーブル代表の方々です。(左より五十嵐 宏 PC、牟田 裕一 会員、佐藤 晴一 会員です。)日頃からのアプローチ活動の報告や会員候補の情報など、今後において拡大が期待出来る内容が話されていました。

     

    卓話2

     

    皆さん、ありがとうございました。今聞いただけでも2、3人増えてきそうで非常に明るいムードになってきたなと感じております。皆さまのご協力をいただきながら、またどんどん会員増強を図りたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。