HOME > 例会報告(旧) > 会長挨拶
  • 1月28日(木) 会長挨拶

    沼田 常好 会長

     

    会長挨拶

     

    皆さん、こんにちは。例年1月は新年のご挨拶や、色々な会の新年会等で飲む機会が多くなるのは仕方がない事ですが、ついつい飲み過ぎ、食べ過ぎてしまうところです。皆さんは如何でしょうか。私は今月、20日間の飲む機会をいただきました。

     

    そこで、3日前より行っている事があります。それは、「食べ順ダイエットの極意」というものです。食べ順ダイエットの4原則として、① 野菜から食べよう・・・・一皿で多くの種類の野菜が食べられるサラダなどをチョイスし、最後まで食べ切ろう。② 次にタンパク質のおかずを食べる・・・・半分~3分の1をご飯の為に残しておいて可。③ 最後にご飯などの炭水化物を食べる・・・・イモ類やカボチヤ、レンコン、トウモロコシといった糖分の多い野菜はここで食べる。④ 良く噛んでゆっくり食べる・・・・意識して、味わって食べよう。満足感を得やすく、消化に良いというメリットも有ります。

     

    この食べ方はダイエットだけでなく、生活習慣病予防にも良いそうです。① 野菜のおかず② タンパク質のおかず③ 炭水化物の順番で食べる事で血糖値の急上昇を抑えるという、糖尿病の治療研究から生まれたものです。血糖値は様々な生活習慣病と結びついています。食後は誰でも血糖値が上昇しますが、急激な上昇は血液中のブドウ糖を脂肪に合成するホルモンやインスリンの分泌量が増え、太りやすくなってしまいます。逆に食後の血糖値の上昇が緩やかであれば、インスリンの分泌が抑えられ、血中のブドウ糖は脂肪になりにくく、エネルギーとして効率よく使われます。また、血中インスリン値が高い状態が続くと、交感神経が刺激されて高血圧を引き起こし、脂肪の合成と分泌のバランスが崩れて、コレステロールや中性脂肪の増加も招きます。高血圧や高コレステロールは血管の老化を促進させ、脳卒中や心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。このように、血糖値やインスリンをコントロールする事は、様々な生活習慣病の予防に繋がるそうです。普段の生活の中で始められる食べ順ダイエットを始めてみませんか。そしていつまでも美味しいお酒を酌み交わしましょう。

     

    終わりに、来週2月6日土曜日、北ガス文化ホールにて「千歳市町内会連合会50周年式典」があります。その時に、東京千歳会の会長で産経新聞代表取締役会長の太田 英昭 さんに14時50分位から千歳への想いを語っていただきますので、是非来て下さい。太田さんは千歳出身です。心よりお待ちしています。