HOME > 例会報告(旧) > 会長挨拶
  • 9月15日(木) 会長挨拶

    大西 信也 会長

    dsc01690

     

    ゲスト卓話でお越しの西村英晃様、村山はるか様には、お忙しい中いらしていただき、ありがとうございます。新入会員の塩澤寛子様、ようこそ千歳ロータリークラブへ!

    94日の「千歳神社例大祭後の清掃」は、日曜日の早朝5時30分からではありましたが、多くの会員に参加して頂きありがとうございます。はるばる支笏湖湖畔から佐々木義朗会員も参加していただきました。

    8月のロータリー特別月間は「会員増強月間」でした。ガバナー月信の8月号、地区会員増強委員会委員長嵯峨パストガバナーの記事を抜粋しますと、「新しい会員は我々に新たな刺激をもたらせてくれます。また、入会を勧める行動を通してさらに新しい仲間が増える事によりロータリークラブの活動、魅力を地域に発信する広報活動にもつながってまいります。」途中省略して、「魅力あるロータリークラブであるためには、理念をしっかり心に刻むことは無論ですが、毎週の例会で今日も来てよかったと思える事が必要です。例会の内容、そして仲間と語るひとときの充実が大切です。この工夫は会長・幹事の皆様と執行部の責務です。」以下省略します。という記事です。

    今年度は席が抽選になっております。どうか同じ席の一人ひとりに一言でよろしいので話しかけていただきたいと思います。それが仲間と語るひとときの充実になる第一歩だと思います。

    今年、7月になってから今日まで6名の方が入会しました。その中で宮川浩一会員は自から千歳ロータリークラブに入会したいと言って来て下さいました。ありがたいことです。期待を裏切らないように責任重大です。宮川会員や他の新入会員の皆さんから新たな刺激を受けながら、入会して良かったと言われるように、ざっくばらんに話し合える、楽しめる例会作りをしなければなりません。そのためにも、何度も言いますが、例会に出席していただきたいと思います。楽しくなるかならないかは、出席しないと始まりません。そして、自分から楽しくなるように仕向けていって欲しいものです。新入会員の推薦者は、2年間のフォローアップをお願いいたします。

    話は変わりますが、皆さんに「千歳川桜プロジェクト」6団体合同ゴルフ大会及び懇親会の案内が行っていると思います。この「千歳川に桜並木をつくる市民サポートの会」の代表に私がなっております。私はその器ではないと固く固辞したのですが、6団体の中で一番会員数が多いクラブということで私がなってしまいました。代表ということでゴルフ、懇親会に千歳ロータリークラブが多く参加しなければいけないということです。ゴルフは私がやらないのでお頼みするのは非常に心苦しいのですが、参加をお願いします。RG会の沼田会長にもお願いしております。

    当初市内5団体が集まって行動を起こしたのは、8年前の市制50周年式典の前夜祭として私達4クラブの主催、千歳青年会議所が共催で「千歳市市制50周年を祝う市民の集い」という祝賀会を8年前の96日に開催して以来のことです。この時の代表が当時、千歳ロータリークラブの会長でした末廣孝パスト会長です。このことがきっかけで5団体が毎年輪番制でゴルフ大会を開催することになっておりましたが、千歳青年会議所の番の時から開催されなくなりました。そこで、今回は、開催しなかった千歳青年会議所が主催となって、ちとせインターゴルフクラブでやることになりました。懇親会の方は、ANAクラウンプラザホテル千歳に決まりました。来賓として千歳市長、企画部長、建設部長の出席が予定されております。ゴルフ大会の表彰式も懇親会の中でやります。例会ではないのですが、親睦活動委員会には司会の方をお願いしております。出席にはお金のかかることではありますが、大西年度の一つの目玉事業となっておりますので多数のご参加をよろしくお願い致します。

    10月20日(木)の夜間移動例会(丸駒温泉)の案内を出していきます。三役は一泊するということにしておりますので、皆さんお泊りになってください。今日も例会、よろしくお願いいたします。