HOME > 例会報告(旧) > 懇親会の様子
  • 1月12日(木) 懇親会の様子

    進行:親睦活動委員会 小畑 彰 委員長

    DSC01883

    皆様、改めましてあけましておめでとうございます。これからは、親睦活動委員会の方で進行をさせていただきます。

     

    ※乾杯の前にザ・ベルクラシックLienの福島総料理長より本日の料理の説明がありました。

    DSC01885

    あけましておめでとうございます。本日はリアン平安閣にお越し頂きまして誠にありがとうございます。旧年中もご来館いただいている方々がいらっしゃるようです。ご交誼に感謝申し上げます。少しだけ料理の説明をさせていただきます。

     

    DSC01887 DSC01893 DSC01912

    DSC01918 DSC01917 DSC01931

    DSC01921 DSC01886 DSC01888

    ※本日の料理です。福島総料理長、リアンの皆様、いつも美味しい料理をありがとうございます。

     

     

    ◇乾杯のご発声 佐藤 秀雄 パストガバナー

    DSC01890

    ボランティアのリーダーの皆様、そして当クラブの会員の皆様あけましておめでとうございます。

     

    国際ロータリーは昨年規程審議会がございまして、そこで大幅な柔軟性を取り入れました。規制緩和というのでしょうか。1業種1人という型から外れましてより柔軟性ある規約となりました。しかしながら、私が考えるのは「不易流行」と言う言葉があります。不易というのは、変わってはならないこと、それから流行というのは、常に時代が変遷してまいりますからそれに応じて変えていくとこういう事でございます。不易というのは、例えば我々ロータリアンが信奉しています「決議23-34」ですとか或いは四つのテストそれから黄金律ですとか色々ありますが、基本的にはロータリーの基本理念の事を言っているわけでありましてこれが最近非常におろそかになっているのではないかとこういう風に考えております。 どうか、この基本理念、親睦と同様重要な案件でございますので、勉強会を開いていただきたいと思っております。それでは乾杯をしたいと思います。

     

    2017年が皆様にとって大変良い年でありますことをお祈りしながら乾杯をしたいと思います。「乾杯!」どうもありがとうございました。

     

     

    ◇「千歳市奨学基金」への寄付 牟田 裕一 委員長

    DSC01902

     

    ここで社会奉仕委員会の牟田委員長よりおみくじの由来の話しと千歳神社の「おみくじ」を配布し、応分の寄付をしていただくようにアナウンスがありました。食事も進み、懇親が深まってきた所で、千歳RACのメンバー、千歳RC社会奉仕委員会の牟田委員長を中心におみくじを来場者に引いていただき今年の運勢を占いました。その結果に対する応分の寄付金に関しては後ほど全額「千歳市奨学基金」に寄付されます。

    DSC01913 DSC01915

    皆様、ご協力いただきありがとうございました。

     

     

    ◇会場の様子です。

    DSC01898 DSC01899 DSC01900

    和やかに格調高く?? 懇談しています。

    DSC01903 DSC01904 DSC01905

    美味しい料理とお酒と楽しい話に自然と笑顔が・・・

    DSC01906 DSC01907 DSC01908

    日本酒とワイン好きな会員がうん蓄を傾けてます。

    DSC01909 DSC01910

     

     

    ◇ワインについてのお話 千歳ワイナリー 三澤 計史 様

    DSC01938 DSC01888

    たびたび高い所から大変失礼致します。千歳ワイナリーの三澤でございます。 本日、千歳ロータリークラブの皆様のご厚意で私の製造しているワインを何種類かご用意いただいているということで少しお話をさせて下さい。

     

    千歳ワイナリーは、先程RACの吉岡会長がおっしゃっていましたのですけれども、1988年千歳ロータアクトクラブと同じ年にこの千歳の地で創業致しました。それから30年弱の間ですけれども地域の何かお役に立てないか、地域に根ざした企業に成って行けないかということを考えながら活動してきた訳でございます。ただ、地域に根ざすということに対して相応の成果というものがなかなかお見せすることが出来なかった、その点を私は考えておりまして、今後は是非とも皆様がどこか心の中で誇りに思えるようなそういうものをしっかりと作っていくことによって真の地域にあるべき企業になっていくのかな、成長していくのかなということをしっかりと考えてやっていきたいと思います。

     

    本日ご用意させていただいているワインは2種類、白と赤ということでございます。実は千歳市の特産品ハスカップを使ったお酒も造らせていただいております。このハスカップのワインなのですけれども今年で4年目になるのですがなかなかこれまでは上手くいかなかったものです。いかにお土産品の領域を超えて地域の特産として成長していくのかということで、スパークリングワインの方も製造させていただいておりまして、これは今年で4年目になるのですけれども、一番古典的と言われている、人の手間がかかる製法で造り上げたものというのは、ようやく商品化できるところまでやってきました。いつの日かこういった機会で千歳らしいお酒を披露させて頂きたいなと考えております。まだまだ未熟な会社ではありますが、皆様のお力添えを頂きながらしっかり したものを造ってまいりますので、今後ともよろしくお願い致します。

     

     

    ◇本年(申年)年男年女のご紹介

    DSC01939

    ※左より 玉山敬吏会員、腰越くり子会員、阿部正信会員です。いつも明るく元気な3名です。今年の主役ですね。頑張って下さい。

     

    ◇恒例のジャンケン大会

    千歳乃湯「えん」の入浴回数券をかけて年男年女3名の会員とジャンケンしました。

    DSC01941

    勝者は・・・・

    DSC01947 DSC01951 DSC01949

    左から平間和弘会員、菅原正行会員、千歳LC常川聖夫様でした。

     

     

    ◇おみくじの益金を「千歳市奨学基金」へ寄付

    新年交礼会にご出席の皆様がおみくじで今年の運勢を占った結果、応分の寄付として73,000円が集まりました。後日「千歳市奨学基金」として全額寄付されました。

     

     

    ◇締めのご発声 瀧澤 順久 会長エレクト

    DSC01955

    それでは皆さん締めの音頭をとらせて頂きますので、ご起立のほどよろしくお願い致します。  改めまして、新年あけましておめでとうございます。

     

    この千歳RCの新年会は、この様に各界のトップクラスにお集まりをいただきまして開催されますことを大変嬉しく思っております。1月20日にはトランプが大統領になります。私は7月に当くらぶの会長になります。何の因果もございませんが、赤いネクタイをしてまいりました。私どものロータリーは、おかげさまで来年4月には創立50周年の節目を迎えることとなりました。私どもはまたロータリーの精神、そして先輩方が育んで来た素晴らしいロータリアンの精神をまた継承していきたいと、その様に考えているところでございます。多くの奉仕団体の皆様と交流することが、あらたな新世紀に向かって、ビジョンが出来てくるのではないかと思います。よろしくお願いいたします。

     

    それでは、皆様のご多幸とそして奉仕団体のご活躍を心からご祈念申し上げまして、三本で締めたいと思います。ご唱和下さい。

    それではお手を拝借。

    DSC01956

    おめでとうございました。

     

     

    ◇「手に手つないで」合唱

    DSC01964 DSC01961 DSC01960

    DSC01963 DSC01965 DSC01967

     

    ◇記念撮影

    DSC01970

    ◆記念撮影風景動画/DSCN1757←クリック◆

     

    今年も千歳RCをよろしくお願いします!