HOME > 例会報告(旧) > 会長挨拶
  • 2月23日(木) 会長挨拶

    会長挨拶 大西 信也 会長

     

    DSCN2002

     

    今日は、ロータリー創立記念例会です。この2月23日が千歳RCの昼間の例会日で記念例会となったのは、私が入会して以降、一度も無かったと思います。

     

    1905年2月23日、シカゴ・ロータリークラブは、弁護士ポール・ハリスの首唱により、僅かに3人の同士を集めて創設されました。この時、ポール・ハリスは36歳でした。創設から3年後に、2番目のクラブとしてサンフランシスコ・ロータリークラブが出来て以来、志を同じくするクラブが各地に生まれ、今では200以上の国と地域に広がり、クラブ数35,399、会員総数1,207,913人(2016年7月1日RI公式発表)に達しています。そしてこれら世界中のクラブの連合体を国際ロータリー(RI)と言います。この後、ロータリー情報・定款細則委員会の担当で、ロータリーについての卓話がありますので、楽しみにして下さい。

     

    2月9日(木)に第7グループ会長・幹事会が長沼RCで開催されましたので、その報告をしたいと思います。

     

    1.2510地区内のグループ再編は、8割のクラブが反対しているので実行されなくなりました。しかし、第10と第11グループは(これは函館方面ですが)統合される予定です。

     

    2.タイのアカ族の子供達に古着を送るという支援プロジェクトを第7グループの合同事業として行うことになりました。これは、長沼町で行なわれる3月26日のIM(インターシティー・ミーティング)の中で説明されます。

     

    3.次年度以降のIMの担当クラブの持ち回りについて協議がありました。IMの順番は、輪番制「由仁→千歳→恵庭→北広島→千歳セントラル→長沼」で変わらないことになりました。そして、ガバナー補佐を出すクラブも輪番制ですが、次年度より変更があります。次年度は由仁RCがガバナー補佐選出の当番ですが、会員数が9名と少ないためガバナー補佐の選出が難しいことから、由仁RCの次の番である千歳RCが、次年度のガバナー補佐を選出することになりました。従いまして、ガバナー補佐は次年度より「千歳→恵庭→北広島→千歳セントラル→長沼→由仁」順での選出となります。よって、千歳RCでは、「次年度の瀧澤年度の時にガバナー補佐選出」、「次々年度の今野年度の時にIM開催」となります。IM開催に向けての実行委員会は担当クラブにて立ち上げます。以上が会長・幹事長会で決まった内容です。では、本日もよろしくお願いします。