HOME > 例会報告(旧) > 「桜の歴史探訪」の様子
  • 5月11日(木) 「桜の歴史探訪」の様子

    環境保全委員会 平間 和弘 委員長

     

    Exif_JPEG_PICTURE

     

    皆さんおはようございます。本日は天気の悪い中、泉沢向陽台「市民の森」の「桜の歴史探訪」にご参加いただき、ありがとうございます。

     

    「市民の森」の歴史について簡単にお話し致します。元々この泉沢地域は江別市の所有でした。1970(昭和45)年9月に千歳市が江別市より11億7千万円にて633.8ha(約190万坪)のこの泉沢地域を買い取りました。その後、千歳市土地開発公社を設立し、宅地造成と工業団地造成工事が始まりました。

     

    1979(昭和54)年、千歳市による「市民の森」造成が開始され、千歳開基百年記念植樹の際に、千歳RCチャーターメンバーの方々が植樹に参加協力し、千歳RC創立10周年記念植樹(桜40本、ツツジ80本)を行いました。千歳市民全体の植樹規模は桜1,300本、つつじ2,600本となっています。「市民の森」が完成するまでには10年の歳月がかかっています。

     

    Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

    ※平間 委員長のお話に真剣に耳を傾ける会員の皆さんです。

     

    千歳RC創立10周年記念植樹に直接関わり、現在も当クラブの会員は、丹治 秀一 PCと武石 忠俊 PCのお二人だけです。そのお二人も含め、当時の植樹には千歳RCメンバー66名が参加しました。

     

    それではこれから、「桜の歴史探訪」に出発します。みなさん、よろしくお願いします。

     

    平間 委員長を先頭に「桜の歴史探訪」がスタートです。

     

    Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

     

    あいにくの小雨でせっかくの桜の花もどこか悲しげな感じです・・・。

     

    Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 

     

     

    雨で足元が滑る中、皆さん慎重に登ったり、下ったりです。探訪の最後は小高い展望場所から(株)ヤングラインのピラミッド風の建物を眺めてからの解散となりました。

     

    Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

    Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

     

    温かいお茶とおにぎりをありがとうございました。

     

    Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

     

    ◇集合写真

     

    Exif_JPEG_PICTURE

     

     

    「百年記念の森」で参加者全員での記念撮影です。雨の中、朝早くから皆さん大変お疲れ様でした。平間 和弘 委員長、貴重なお話と「桜の歴史探訪」のご案内、誠にありがとうございました!