HOME > 報告

報告

第20回(通算2526回)通常例会・年次総会 開催報告

日時:2018年12月27日(木) 12:30~13:06
場所:ANAクラウンプラザホテル千歳 例会場
プログラム:通常例会・年次総会
担当:三役

  

  

本日、ANAクラウンプラザ千歳にて第20回(通算2526回)通常例会が開催されました。
本日は三役の担当で、例会終了後年次総会が開催されました。佐藤秀雄指名委員会委員長より次次年度会長(会長ノミニー)として、伊藤一三会員の推薦があり、満場一致で承認されました。
また、藤川俊一会長エレクトより次年度理事メンバーの発表があり、期待と緊張の雰囲気の中、皆さまから温かい拍手で迎えられました。
今年最後の例会は「良いお年を!」の挨拶の中、和やかに終了しました。

例会前の歓談の模様です。
  

  

  

◇会員紹介 司会:職業奉仕委員会 稲川 和伸 委員長
・社会奉仕委員会 工藤 泰仙(くどう たいせん)会員(曹洞宗 大圓山 放光寺 住職)


・会計監査/ロ-タリ-情報・定款細則委員会 委員長/クラブ奉仕委員会 沼田 常好 会員(千歳ニッツウサービス(株) 会長)


・親睦活動委員会 委員長/クラブ奉仕委員会 佐々木 義朗 会員(丸駒温泉(株) 代表取締役)


◇進行:SAA・プログラム委員会 牟田 裕一 委員長
 

◇ロータリーソング「我等の生業」斉唱
 

◇「四つのテスト」の唱和: 社会奉仕委員会 太田 千鶴子 委員


◇友情の握手タイム
 

会長挨拶

◇今野 良紀 会長

 

皆さん、こんにちは! 「出会いは人生の宝物ロータリーを通して人間力を磨き合おう」

 

本日は年次総会となっており別名「36分例会」となっています。
会長ノミニーのご承認と、藤川会長エレクトより次年度の理事を指名いただき、ご承認の審議をお願いいたします。

 

さて、12月20日開催した夜間例会「クリスマス家族会」では、会員諸兄に沢山の協賛の品々を例年に変わらずお寄せいただきました事を心より感謝申し上げます。
そして、千歳RCのOBの方々にも参加いただき、ご家族との更なる絆も深まったことと思います。また、ゴスペルシンガーKIKIのプロデュースによる、千歳RC親睦寄せ集めゴスペルクワイヤーによる心の叫びと、魂の祈りを皆様方にお伝えしました。無理やり集められました関係者の皆様に感謝申し上げます。

 

また、千歳セントラルRCとの合同奉仕事業「ロータリーサンタちとせ」が、宮川社会奉仕委員長をはじめ多くの会員皆様方のお蔭をもちまして無事目的を達する事が出来ました事に感謝を申し上げます。

 

今年の例会は今回が最終となります。三役に至らぬ点や不行き届きな点が多々あったかと思いますが何卒お許しいただき、2019年1月10日は、また皆様と元気に新年交礼会でお会いできることを願い、2018年最後の会長挨拶とさせて頂きます。前期、誠にありがとうございました。

幹事報告

◇前田 浩志 幹事

 

皆さま、こんにちは!

幹事報告をさせていただきます。

 

1.今月7日から始めさせていただきました「ロータリーサンタちとせ」事業ですが、12月25日をもって当クラブ担当の16施設全てにプレゼントを届けました。宮川委員長をはじめとする、本事業へ参加していただきましたメンバーの皆さま、また、沢山の協賛をいただきましたメンバーの皆さま、ありがとうございました。お陰様で園児たちに大きな夢を届けられたのではないかと思います。来年2月中を目途に、千歳セントラルRCの三役の皆さま等実行委員会で集まりまして、今後の課題についての話や決算処理を進めていき、次年度へ引継ぎたいと思います。

 

2.例会終了後、今年最後の理事会を行います。理事の皆さまは忘れずにご出席下さい。

 

3.ロータリー事務局は明日多少の業務を行った後、1月8日まで冬期休暇に入ります。理事会報告は明日配信させていただく予定です。その他ご用がある方は本日中に済ませていただきますようお願いします。

委員会報告

委員会報告はありませんでした。

ロータリー情報

◇ロータリー情報・定款細則委員会 大西 信也 委員

 

大西 信也 委員より、ガバナー月信12月号に掲載されたコラム、「最もよく奉仕する者、カーネル!」(RI第2510地区 職業奉仕委員長 玉井清治様(函館亀田RC))の内容についてご紹介がありました。

 

ケンタッキー・フライド・チキンを創り、世界で初めてフランチャイズ・ビジネスを生み出したカーネル・サンダースのロータリー歴に関するお話しで、概要は以下のとおりです。

・カーネル・サンダースは1890年9月9日にインディアナ州南部のヘンリービルに生まれ、6歳で父親を失ったことから、家事をすべて自分の手で実施した。

・その後、農場手伝い、ペンキ塗り、路面電車の車掌、軍隊入隊、弁護士実習生、鍛冶屋見習い、ガソリンスタンド経営など、多くの経験をしたのち、29歳の時にガソリンスタンドにレストランを併設してフライドチキンを出したところ大当たり。その後、大々的なレストラン経営を始め、そのころロータリークラブに入会。

・カーネルは、当時のロータリークラブにおける二つのモットー、「最も奉仕する者が最大の利益を得る。」「我が身の前に他人に奉仕せよ。」に従うよう努めてきたと晩年に語っていた。

・カーネルがビジネスの基本としていたルールは現在のロータリーの「四つのテスト」に酷似しており、それを実施したことでビジネスを大成功に導いた。

・ケンタッキー・フライド・チキンの店舗前にあるカーネル・サンダース像は、胸にロータリーバッジを光らせ、永遠に店頭で私たちを笑顔で迎えてくれることでしょう。

 

詳細は、近日中にRI2510地区のホームページにガバナー月信がアップロードされる予定ですので、ご参照願いたいと考えております。本日はご清聴ありがとうございました。

http://rid2510.org/1819/

年次総会議事

◇進行:今野 良紀 会長

 

これより、年次総会を始めます。

千歳RC細則第3条第1節により、年次総会では会長が議長を務めます。

 

先ほど出席率の報告がありました。会員77名中43名の出席があり、細則第4条第3節「会員総数の3分の1をもって、本クラブの年次総会の定足数とする。」により、年次総会成立を宣言いたします。

 

それでは、細則第4条第1節に基づき「年次総会」を開催します。細則第2条第1節に基づき、指名委員会の委員長より、次々年度会長(会長ノミニー)の指名を行ってください。それでは、指名委員会 佐藤 秀雄 委員長、お願いします。

 

◇ご挨拶:指名委員会 佐藤 秀雄 委員長

 

指名委員長の佐藤でございます。次々年度の会長ノミニー選考にあたり、3回にわたる指名委員会で慎重に審議した結果、2020-2021年次々年度会長ノミニーに指名委員会全員の推薦をもちまして伊藤 一三 会員を指名推薦いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

 

◇審議:議長 今野 良紀 会長
それでは、指名されました伊藤 一三 会長ノミニーについて審議を行いたいと思います。承認される会員は、拍手にて賛意を示してください。(大きな拍手)

 

満場一致で承認されました。それでは伊藤 一三 会長ノミニーよりご挨拶をいただきます。

 

◇ご挨拶:伊藤 一三 会長ノミニー(2020-2021年度会長)

 

私は2013年1月に当クラブに入会させていただきました。まだ、入会から5年ということで経験は浅いのですが、皆さまの協議に基づきご指名いただいたこともあり、今回指名をお引き受けすることとしました。これから勉強させていただき、自己研鑽して参りたいと考えております。よろしくお願いいたします。

 

私の年度の幹事を務めていただきますのは稲川 和伸 会員でございます。皆さま、今後ともご指導をお願いいたします。

 

◇ご挨拶:稲川 和伸 次々年度幹事 (2020-2021年度幹事)

 

北海道宅建協会の副会長という重責を担っている伊藤会長ノミニーをサポートしながら、千歳RCが魅力あるクラブとして、先輩方が築き上げてきたクラブのブランド力を高める努力をしたいと考えております。今後とも皆さまのご指導ご鞭撻をお願いいたします。

 

◇議事進行:議長 今野 良紀 会長
引き続き、細則第2条第1節に基づき、次年度理事の指名について、藤川 俊一 会長エレクトよりお願いします。

 

◇理事の指名:藤川 俊一 会長エレクト

 

理事について発表します。(敬称略)
直前会長:今野 良紀、副会長:大西 信也、幹事:浅利 美恵子、会長エレクト:伊藤 一三、会計・副幹事:稲川 和伸、クラブ奉仕委員長:五十嵐 宏、SAA・プログラム委員長:武石 考司、職業奉仕委員長:沼田 常好、社会奉仕委員長:稲川 和伸(重任)、国際奉仕委員長:齊藤 博徳、以上、10名(理事定員11名)でございます。

 

◇審議:議長 今野 良紀 会長
それでは、指名された理事について審議します。承認される会員は拍手をお願いします。(大きな拍手)

 

満場一致で承認されました。これで、年次総会を終わります。ありがとうございました。

 

ニコニコBOX

◇親睦活動委員会 小畑 彰 委員

 

大西 信也 PC

今野 良紀 会長

前田 浩志 幹事

岡田 信行 会員

甲斐 くり子 会員

佐々木 義朗 会員

喜多 康裕 会員

親睦活動委員会一同

藤川年度理事一同

出席率

◇出席・資料管理委員会 林 俊樹 委員

 

 

今回: 55.8%(12月27日= 43/77 実数)

確定: 81.6%(12月13日= 62/76 メークアップ含む)

過去の活動報告を表示

報告

第17回(通算2523回)通常例会 開催報告

日時:2018年11月29日(木) 12:30~13:30
場所:ANAクラウンプラザホテル千歳 例会場
プログラム:通常例会
担当: 青少年奉仕・ローターアクト委員会
月間テーマ:ロータリー財団月間

  

本日、ANAクラウンプラザ千歳にて第17回(通算2523回)通常例会が開催されました。
本日は青少年奉仕・ローターアクト委員会の担当で、山中 正一委員長より「青少年奉仕について考える」と題して卓話をいただきました。
卓話では、ロータリアンは青少年奉仕プログラムに参加している皆さまに、ロータリアンとしてのリーダーシップなど、行動の背中を見ていただくことが最大の役割であるとご説明いただきました。青少年の見本となるようなロータリアン像について想いを巡らせることができました。

本日のお食事と例会前の歓談の模様です。
 



◇会員紹介 司会:職業奉仕委員会 稲川 和伸 委員長
・職業奉仕委員会 太田 千鶴子 会員((有)ケーアンドシーコーポレーション 代表取締役)


・環境保全委員会 委員長 菅原 正行 会員(北海道テクニカルシステムエンジニア(株) 代表取締役)


・木曜会 会長/環境保全委員会 副委員長 武石 考司 会員((株)道央養鶏 専務取締役)


◇進行:SAA・プログラム委員会 内川 重之 会員


◇ロータリーソング「我等の生業」の斉唱


◇「四つのテスト」の唱和:国際奉仕委員会 吉田 真也 会員


◇友情の握手タイム

お客様紹介

◇斉藤 えみこ副会長

 

こんにちは。本日のお客さまをご紹介させていただきます。
千歳セントラルRCの土居 栄治PCです。

 

会長挨拶

今野 良紀 会長

 

こんにちは。「出会いは人生の宝物 ロータリーを通して人間力を磨き合おう」。
本日の例会担当は青少年奉仕・ローターアクト委員会となっております、よろしくお願いいたします。

 

11月20日、我がクラブより伊藤 一三 会員が「国土交通大臣表彰」を受賞し祝賀会をANAクラウンプラザホテル千歳にて執り行いました。改めまして「おめでとうございます」。ロータリアン一同、誇りに思うと共に喜ばしい限りでございます。また、ご出席いただきました会員諸兄の友情に感謝申し上げます。

 

11月22日、千歳商工会議所の永年勤続表彰と優良従業員表彰式が千歳商工センターで、厳粛な中執り行われました。我がクラブは1968年4月に創立していますが、1970年、創立2年の時、千歳商工会議所10周年の節目の時より「ロータリーの金看板」、職業奉仕の理念を広めて行く為にロータリー会長賞を織り交ぜていただき、継続事業として今年で51年となる大事業でございます。 この度の表彰受賞者は
優良従業員表彰 ㈱デンソー北海道 菅原 章太様
永年勤続30年 医療法人社団 北楡会 竹内 幸恵様
永年勤続30年 ㈱山三ふじや 馬場 勝広様
永年勤続20年 ㈱山三ふじや 村上 智範様
永年勤続10年 ㈱アイワ不動産 伊部 泰乃(ひろの)様
以上5名の方々に千歳ロータリークラブ会長賞を表彰して参りました事をご報告いたします。

 

そして、千歳セントラルRCとの合同継続事業である「ロータリーサンタちとせ」事業におきまして、会員諸兄より善意の口数81口40万5千円の個人・企業協賛を頂きました。
詳しくは宮川 浩一 社会奉仕委員長より随時報告があると思いますが、12月7日「アリス認定こども園」130名がスタートとなります。その後、14日、18日、19日3件、20日3件、21日4件、25日2件でフィニッシュとなっております。

 

善意の協賛も然りですが、プレゼンターのご協をいただきます会員皆様にも改めて厚く感謝し、今後もこの活動を会員諸兄には深くご理解いただき善意のレンガを積み重ねていきます。よろしくお願いいたします。

幹事報告

前田浩志幹事

 

1.11月25日(日)、千歳RACがちとせモールで胆振東部地震への募金活動を実施し、当クラブから今野会長、青少年奉仕・ローターアクト委員会の山中委員長、伊藤会員が参加されました。その日の夕方には、千歳RACの役員メンバーを交えて、今後の活動に向けた話し合いが行われました。

 

2.10月21日(日)開催の地区大会で、永年出席100%表彰を受けました会員の方々に地区から記念品が届いておりますので、今野会長より伝達していただきます。

 

3.本例会終了後、理事会を予定しております。理事の皆さんはご参加をよろしくお願い

します。

永年出席100%表彰伝達式

◇40年
・武石 忠俊 PC

 

◇30年
・福田 武男 ガバナー・エレクト

 

◇25年
・中山 和朗 PC

 

◇10年
・加藤 輝明 会員

 

・沼田 常好 PC

委員会報告

◇指名委員会 浅利 美恵子 幹事役

 

本日、例会終了後、第2回指名委員会を開催しますので、関係者の方はお集まり下さい。

 

◇ロータリー財団・米山記念奨学委員会 齊藤 博徳 委員長

 

ロータリー財団および米山記念奨学会への寄付の納入期限が近づいておりますので、本日、お声かけさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

会員卓話

青少年奉仕・ローターアクト委員会 山中 正一 委員長

 

本日は、山中 正一委員長より「青少年奉仕について考える」と題して卓話をいただきました。

 

ロータリアンは青少年奉仕プログラムに参加している皆さまに、ロータリアンとしてのリーダーシップなど、行動の背中を見ていただくことが最大の役割であるとご説明いただきました。青少年奉仕の成り立ちを学ぶとともに青少年の見本となるようなロータリアン像について想いを巡らせることができました。

 

 

ニコニコBOX

◇親睦活動委員会 佐藤 晴一 委員

 

荒 洋一 会員
小畑 彰 会員
山中 正一 会員
今野 良紀 会長
中山 和朗 PC
伊藤 一三 会員
前田 浩志 幹事
福田 武男 ガバナー・エレクト
土井 栄治 会員(千歳セントラルRC PC)
武石 忠俊 PC
加藤 輝明 会員
沼田 常好 PC

 

本日41,000円 トータル564,000円

出席率

◇出席・資料管理委員会 馬場 正憲 委員

 

今回:56.6%( 11月29日= 43/76 実数)
確定:82.9%( 11月15日= 63/76 メイクアップ含む)

過去の活動報告を表示

報告

第16回(通算2522回)夜間移動例会(ゆきあかり)開催報告

 

日時:2018年11月22日(木) 18:30~
場所:和洋ダイニング ゆきあかり(会員企業)
プログラム:夜間移動例会
担当:ロータリー情報・定款細則委員会
月間テーマ:ロータリー財団月間

進行:SAA・プログラム委員会  内川 重之委員



これより夜間移動例会を始めさせていただきます。移動例会ということで開会点鍾、ロータリーソング斉唱、四つのテスト唱和、ロータリー情報、ニコニコBOX、出席率の発表は割愛させていただきます。

会長挨拶

斉藤 えみこ副会長

 

こんばんは。「出会いは人生の宝物 ロータリーを通して人間力を磨き合おう」。

本日、今野良紀会長は千歳商工会議所主催の「平成30年度永年勤続・優良従業員表彰式」に出席しており、代わりに会長代理として斉藤があいさつさせていただきます。

 

初めに今月20日、国土交通大臣表彰を受けられた伊藤一三会員の受賞祝賀会が開催され、多くの会員の皆さまと共に出席させていただきました。伊藤会員は2月にも北海道知事から産業貢献賞を受けており、今年は国と道からダブル受賞となりました。

 

そして瀧澤順久パスト会長も北海道産業貢献賞を受賞されました。千歳ロータリークラブ会員の名誉ある賞を受けられ、同じロータリアンとして誇らしく思うとともに、私自身も努力していかなければと思っているところです。改めまして伊藤一三会員、瀧澤順久パスト会長、受賞おめでとうございます。

 

さて、今野年度もスタートから5カ月が過ぎようとしています。会員の皆さまにとりまして今年度の三役はどのように映っておりますか?私も時々、ふっと考えることがあります。私は副会長という立場で会長、幹事を近くで見たときに、皆さまご存じのように猪突猛進で突っ走る会長のイメージと、実は繊細なのですけれど…そんな会長を理論立てて軽くブレーキを踏みながらきっちりサポートする幹事。絶妙にバランスの取れた素晴らしい会長、幹事のペアだなといつも思っております。

 

組織にとってバランスは重要だと思います。ロータリークラブは出身も、職業も違う環境の大人が奉仕の精神の下、集う団体であります。まして入会年度、ロータリーの知識も違う会員が互いに理解し合い、活動していくことが理想ですが、大きな課題でもあります。私は理想に近づくためには一番、コミュニケーションが必要だと思っております。入会年度の浅い会員の皆さま、全会員の名前は覚えましたでしょうか? 全員と話をできましたでしょうか? ぜひ積極的にコミュニケーションを取っていただけたらと思っております。私も努力していきたいと思っております。大先輩にはなかなか気軽に話し掛けづらいかもしれませんが、皆さん優しく答えてくれる方ばかりです。

 

本日はロータリー情報・定款細則委員会の担当例会です。ここ羽生伴子会員の経営されている和洋ダイニング「ゆきあかり」でおいしい食事とキリンビールを頂きながら、この機会に佐藤秀雄パストガバナーのお話からロータリーを学び、会員同士の親睦を深めていただきたいと思います。

 

最後に、前年度は創立50周年を迎え、次年度は福田武男ガバナー輩出クラブとしてRI第2510地区大会のホストクラブを務めることになります。今年度後半から次年度の準備が慌ただしくなると思いますので、会員の皆さまのご協力をお願いし、会長に代りましてのあいさつとします。本日の例会、よろしくお願いします。

幹事報告

前田 浩志 幹事

 

皆さん、こんばんは。第14回の幹事報告をさせていただきます。

 

1、今月17日(土)に今野良紀会長が航空自衛隊千歳基地の社会人野球チームの後援会「同夢会」の納会に参加してきております。20日(火)夜には伊藤一三会員=有限会社 一成不動産 代表取締役=の国土交通大臣表彰の受賞祝賀会が開かれ、たくさんのメンバーでお祝いをさせていただきました。改めまして伊藤一三会員、受賞おめでとうございます。

 

2、本日(22日)17時30分から千歳商工会議所で「平成30年度優良・永年勤続従業員表彰式」が行われ、今野会長と稲川和伸職業奉仕委員会委員長が出席してきました。千歳ロータリー会長表彰にはクラブ会員企業を中心に5名を表彰させていただきました。表彰されました方々の企業の皆さま、おめでとうございました。

 

3、次の例会日の29日(木)は通常例会を開催させていただきます。当初、ロータリー財団・米山記念奨学委員会の担当例会でしたが、講師の都合で3月の青少年奉仕・ローターアクト委員会の例会と内容を変更して行うことになっております。ぜひ多くの皆さんに出席をいただき、大いに盛り上げてください。

委員会報告

親睦活動委員会 佐々木 義朗委員長

 

こんばんは。ご案内が届いているかと思いますが、12月20日に今年最後の忘年会を含めた夜間例会「クリスマス家族会」を開催します。既にご案内が届いていると思いますが、抽選会での景品も明記してあったと思います。ぜひ多くの景品を頂きまして当日、皆さんはもとより、家族の皆さんやお子さん、お孫さんも参加されると思いますので、楽しいひとときとなる例会にしたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いします。内容は皆さんが楽しく過ごせるものを考えております。

会員卓話

ロータリー情報・定款細則委員会 沼田 常好委員長

 

こういう場ですので、後半は皆さんで懇親を深めていただきたいと思います。最初に佐藤 秀雄パスト・ガバナーより「ロータリーについて」お話をいただきたいと思います。

 

ロータリー情報・定款細則委員会委員 佐藤 秀雄パストガバナー

 

テーマ「ポール・ハリスの生い立ちについて」

 

皆さん、こんばんは。今、私は指名委員会委員長で次々年度の会長選任を任されておりますが、当会は入会して2年以内の方が約30人いらっしゃるんですね。5年以内になると40人。次々年度の会長就任をお願いしておりますが、なかなか引き受けてくれないんですね。私ども入会したときには「ロータリーに『ノー』はない」ということを先輩からよく言われました。皆さんの企業にお伺いした時には、そういうことがあるんだとご理解願いたいと思っております。

 

今日は「ロータリーのお話を」ということでした。入会2年以内の方が30人いるということで、ロータリー創設者ポール・ハリスの幼少期の頃を少々お話ししたいと思います。

 

ポール・ハリスは1868年、米国のミシガン湖の西側、ウィスコンシン州ラシーンで生まれました。シカゴから車で1時間10分ぐらいのところにあり、私がラシーンの町を訪れたとき、小さな小学校の壁や天井に世界のロータリアンが寄せ書きを書かれておりました。ポール・ハリスの幼少期の写真も飾ってありました。

 

その町では、ポールの祖父がお金と土地、建物を提供し、父親がドラッグストアを経営しておりました。母親はピアノ教師。父親は発明家でもあり、いろんなものに挑戦していくのですが、何一つとして成功した試しがなく、初めはドラッグストアで働いていたのですが、少し余裕が出てくると、発明に凝っていくという性格でした。母親はいろんな家庭を回ってピアノを教えていましたが、浪費癖があってレッスン料をもらうとすぐに自分の洋服等に使ってしまう。そんな生活環境の中、ポールが3歳の時、ドラッグストアが倒産し、父親がポールと兄セシルを米国東海岸のバーモント州ウォリングフォードという小さな村に住む祖父の元に連れて行き、預けるんですね。

 

ポールは幼少期をそこで過ごすのですが、結構、ガキ大将だったと言われています。当時、住んでいた村は人口800人とされ、そこで近所の友達とともに夏は10フィート(約3・05㍍)ぐらいの高さの崖から川に飛び込んだり、山、谷に行ったりして遊んでいたようです。それが大きくなってからポールの心の中にウォリングフォードの田舎の生活が蘇ってくるんですね。ロータリーを志した根底には田舎の少年時代の思い出が非常に詰まっていたというふうに自叙伝に書いております。

 

そうしたところで育ったポールは、プリンストン大学(ニュージャージー州プリンストン)に入学します。ただ、祖父が亡くなって仕送りもなくなり、授業料などが払えなくなり、1年で退学します。そしてアルバイトに精を出し、お金がたまったことと祖父が残してくれた信託資金が入るようになり、1年後にアイオア州立大学(アイオア州アイオアシティー)法学部に入り、4年間法律の勉強をしました。

 

アイオア州立大学の学生は4年間の勉強を終わると通常、田舎に帰って弁護士の仕事をするわけですが、ポールはおそらく自分の田舎は人口800人ですから弁護士業も成り立たない、自分はシカゴで弁護士事務所を開業したいという希望を持っていたようです。卒業年度に先輩の弁護士が大学に講演に来て、そこで自分の人生経験を語り、これから巣立つ弁護士の卵たちに「5年ぐらいは社会勉強をしなさい。いろんな所を回って5年後ぐらいにどこであろうと開業すればいい。人生修業をやりなさい」というような話があったそうです。

 

それを聞いて、ほとんどの人がすぐ弁護士の仕事を始める中、ポールは5年間の放浪生活に入っていくのです。先輩の話が自分の心に響いたのでしょう。多少は祖父から頂いた蓄えがあったのですが、合衆国全部を回るような5年間の資金はなく、アルバイトをしながらお金がたまると次の町に移動し、市民の生活の状態を見ていったようです。自叙伝を読むと農園で働き、新聞記者、大学の講師などいろんな仕事をやったようです。

 

その中にはロンドンに行きたいと書いてあり、牧童=牛追いになるんですね。ある時、牛を輸送する牛追いの募集を新聞で見て、それに応募して牛と共にイギリスに渡るのですが、それは非常に人間以下の悲惨な航海だったと書いてあるんです。イギリスに行ってもロンドンまでは行けず、すぐに米国に戻ったわけですが、そんなことをやって5年間が過ぎ、ようやく弁護士事務所を開業するのです。

 

開業はしてもすぐに来客もなく、常に閑古鳥が鳴いていたそうです。客がいない間は毎日裁判所に行って先輩たちが訴訟をやる状況を勉強したと自叙伝にあります。一番、寂しかったのは日曜日で、午前中は教会に行くのですが、午後からは何もすることがなく、寂しい思いをしたということです。少しお客がつくようになっても、自分の困ったことが解決すると去っていく。それは真の友人ではなかった。真の友人であれば、「やあ、ポール」といった親しい間柄になるわけですが、お客はそうはいかない。従って日曜日など休みの時は非常に寂しかったようで、常に思い出すのは自分が育ったバーモント州ウォリングフォードの幼少の頃の出来事や情景、友人たちのことだったと書いています。

 

実際に弁護士業を始めても日曜日の寂しさ、何とか真の友人をこのシカゴでつくれないかと何年も何年も考えて、ようや1905年2月23日に友人3人と語らってできたのがこのロータリークラブです。また、機会があれば、ロータリークラブがどのように発展していったのかをお話させていただきたいと思います。ご清聴ありがとうございました。

地区幹事報告

村田 研一地区代表幹事

 

 

今年度からRLI(ロータリー・リーダーシップ研究会)というロータリーのリーダーを育てようという委員会ができました。われわれの理事会や会社の会議などにも役立つことがたくさんございます。ロータリーの活動にこれという答えはなく、いろんな考え方があってもいいと思うんです。参加されるほとんどの方に発表していただくのですが、運営も皆さんの温かい寛容の精神で行われています。ぜひ出席のご案内がありましたら一人でも多くの出席をいただき、新たにロータリーの勉強をしていただきたいと思います。

 

ロータリー情報・定款細則委員会 沼田 常好委員長

 

先日、福田ガバナー年度のガバナー補佐会議が札幌市内でありました。私も出席させていただきましたけれども、その時に良い文章がありましたので、乾杯の準備ができるまでご紹介したいと思います。

 

(国際ロータリーの六つの重点分野 「戦争と紛争予防・紛争解決」「疾病予防と治療」「水と衛生」「母子の健康」「基本的教育と識字率向上」「経済と地域社会の発展」をキーワードに戦略計画を立て、目標を設定する重要性とともに、単会クラブは地域の人口、産業、会員数などに違いがあり、クラブの現状をよく分析した上で無理のない戦略計画を立てる必要性などを紹介。分析のポイントに

▽会員数に見合った組織となっているか▽青少年、奉仕プログラムが地域に喜ばれているか

▽一部の人への奉仕活動にとどまっていないか

▽自己満足的な活動に終わっていないか

 

―を挙げ、出来上がった戦略計画は全会員で共有することの大切さなどを報告しました)

乾杯

今野 良紀会長

 

皆さん、こんばんは。今日は佐藤パストガバナーの話を聞いてほっこりしました。今、クラブの状況をちょっと報告します。

 

会員増強委員会 五十嵐 桂一委員長

現在、会員76人で、年度中に80人達成を目指します。ロータリアン候補の推薦をよろしくお願い致します。

 

先ほど佐藤パストガバナーが言ったように誰も会長をなかなか受けてくれない、ということで非常に困っております。誰か男気を出して一つ受けてくれないでしょうか。ということで、乾杯しましょう。千歳ロータリーの未来に「乾杯!」

懇親の様子

 

 

 

 

 

 

会員スピーチ

羽生 伴子会員  (株)メディアコム 取締役

 

吉田 真也会員  (株)HKS JAPAN代表取締役

 

工藤 泰仙会員   曹洞宗 大圓山 放光寺住職

 

太田 千鶴子会員 (有)ケーアンドシーコーポレーション 代表取締役

 

尾野 教仁会員   千歳民報社 代表

 

安達 正子会員  (株)安達商店 代表取締役

 

村松 英明会員   不二電子工業(株)千歳工場 工場長

 

遠藤 晴美会員   ラウンジ・サンタナ 代表

 

内川 重之会員  (株)北洋銀行千歳中央支店 支店長

 

塩澤 寛子会員   ドッグゾーン 代表

 

甲斐 くり子会員  ラウンジバー ボルス 代表

 

木村 榮治会員   一般社団法人 遺品整理士認定協会 理事長

 

玉山 敬吏会員   玉山保険事務所 代表

 

伊藤 一三会員  (有)一成不動産 代表取締役

中締め乾杯

佐々木 義朗会員

 

今年もあと1カ月ぐらいになりました。健康管理に気をつけて頑張っていきましょう。ロータリー活動が皆さんと共に楽しく行えるよう祈念申し上げ、乾杯。

出席率

今回:53.9%( 11月22日= 41/76 実数)
確定:73.7%( 11月 8日= 56/76 メイクアップ含む)

過去の活動報告を表示

報告

千歳商工会議所「平成30年度永年勤続・優良従業員表彰式」開催報告

11月22日(木)、千歳商工センターにて千歳商工会議所に属する会員事業所の従業員を対象とした「平成30年度永年勤続・優良従業員表彰式」が開催されました。

千歳RCでは1970年(昭和45年)11月、千歳商工会議所創立10周年を機に、千歳RC会長表彰をすることとなり、今年で45回を数える継続事業です。

  

◇千歳RCからは今野良紀会長、職業奉仕委員会 稲川和伸委員長が出席し、今野良紀会長からは祝辞とともに、「千歳RC会長表彰」として5名を表彰しました。

  

◇祝辞を述べる今野良紀会長と、千歳RC会長表彰受賞の皆さんです。表彰を受けられました皆様、おめでとうございます!

◇表彰を受けられた、永年勤続従業員および優良従業員は次の5名です。

・勤続30年以上 竹内幸恵様(医療法人社団北楡会) 馬場勝広様(㈱山三ふじや)

・勤続20年以上 村上智範様(㈱山三ふじや)

・勤続10年以上 伊部泰乃様(㈱アイワ不動産)

・優良従業員       菅原章太様(㈱デンソー北海道)



○千歳RC会長表彰を受けられた皆さんとの集合写真です。

(担当:職業奉仕委員会)

過去の活動報告を表示

報告

第15回(通算2521回)通常例会 開催報告

日時:2018年11月15日(木) 12:30~13:30
場所:ANAクラウンプラザホテル千歳 例会場
プログラム:通常例会
担当:SAA・プログラム委員会
月間テーマ:ロータリー財団月間
  

  

本日、2018-2019年度 千歳RC 第15回通常例会が開催されました。

卓話は、講師として千歳市観光スポーツ部観光企画課 係長 大西正起様をお招きし、「千歳市におけるスポーツ合宿・大会誘致の取組」と題して講話していただきました。

本日のお食事と例会前の歓談の模様です。
  

  

  

◇会員自己紹介スピーチ
・クラブ会報・公共イメージ・雑誌・IC委員会 木村 榮治 会員((一社)遺品整理士認定協会理事長)


・職業奉仕委員会 榊原 潤 会員PC((社)千歳観光連盟 専務理事)


・親睦活動委員会 櫻井 隆 会員(キリンビール(株)北海道千歳工場 工場長)


■「みんなをつなげる会」および「障がい者理解のための研修会」開催のご案内
◇坂井 治 様(千歳セントラルRC  パスト会長)
  

皆さん、こんにちは。お食事後のおくつろぎのお時間を少しだけ頂戴いたしまして、「みんなをつなげる会」のPRをさせていただきたいと思います。

「みんなをつなげる会」は障がい者の組織同士の関係強化、一般の方々とのつながりを解決するため立ち上げました。
今日は、二つのお願いがあります。
一つは「みんなをつなげる会」への入会のお願いです。年会費は500円ですので、ぜひよろしくお願いします。もう一つは「障がい者理解のための研修会」への参加のお願いです。12月13日に「障がい者の雇用から就業の定着につなげるには」と題して、ANA新千歳空港株式会社にて障がい者を実際に雇用している部門の高田夕葵様にお話をしていただくこととなりました。昨今、官公庁でも障がい者の雇用が適正に実施されていない等、色々問題が生じておりますが、我々民間企業も、障がい者を雇用するケースが増えてくると思います。そのときに、どのような問題があるか、どのように対応したらいいかなど、実際の現場の方から具体的なお話をきかせていただく予定です。

12月13日(木)の夜7時から1時間半のお時間となりますが、ご参加をお願いいたします。
本日、例会終了まで在席しておりますので、参加の希望がございましたら、お手元の用紙にお名前と連絡先を書いていただき、帰り際に私にお渡しいただければ、大変有難いと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

◇進行:SAA・プログラム委員会 内川 重之会員


◇ロータリーソング「それでこそロータリー」斉唱


◇四つのテストの唱和:出席・資料管理委員会  井渓 利光 会員


◇友情の握手タイム
    

お客様紹介

◇斉藤 えみこ 副会長

 

本日のお客様をご紹介いたします。

・「みんなをつなげる会」会長 坂井 治 様(千歳セントラルRC パスト会長)

・千歳市観光スポーツ部観光企画課 係長 大西 正起 様

 

写真中央:坂井 治 様

 

  

写真中央:大西 正起 様

会長挨拶

◇今野 良紀 会長

 

皆さま こんにちは!

「出会いは人生の宝物ロータリーを通して人間力を磨きあおう」

本日の例会担当はSAA・プログラム委員会となっております。

本日、講師としてお越しいただきました千歳市観光スポーツ部観光企画課 係長 大西 正起 様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

今月はロータリー財団月間となっております。

ロータリー財団は、1917年、アーチ C. クランフ氏がロータリークラブ国際連合会(現在の国際ロータリー)会長として、「世界中で善いことをする目的のために」基金の設置を提案したことに始まりました。

創立以来100年間、ロータリー財団は成果を生み出すプロジェクトに総額30億ドルの資金を提供してきました。

 

ロータリー財団の使命と申しますと、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援、貧困を救済することを通じて、世界平和を達成できるようにすることとなっております。資金の90%以上が、奉仕プロジェクトに直接生かされます。財団は透明性を重視し、責任ある資金管理を行っているため、安心してご寄付いただいているということです。

 

資金を活用し、世界に35,000あるロータリークラブは、発展途上国にきれいな水をもたらし、平和活動に携わる人材を育成するなど、世界中で持続可能な影響をもたらしています。

 

また、ポリオ撲滅活動においても、わずかなご寄付で、一人の命を救うことができます。

一人の子どもをポリオから守るのに必要なワクチンのコストは、わずか60セント(約70円)です。予防接種活動を通じて発症数を世界で99.9%減少させてきました。皆さまからのご寄付は、こうした活動に大切に活用されています。

 

寄付金額の上位5か国はアメリカ・インド・日本・韓国・台湾となっています。

アメリカが一番の理由は、ポリオ撲滅に対してビル&メリンダ・ゲイツ財団がポリオ撲滅に2倍の額を上乗せするため、ご寄付が3倍になってポリオ撲滅活動に生かされているということでございます。

是非、この活動をご理解いただき、今後とも会員諸兄の善意の継続を心よりお願い申し上げ、会長挨拶とさせていただきます。

幹事報告

◇前田 浩志 幹事

 

1.11月8日木曜日、国際ソロプチミストのチャリティーディナーショーに今野会長が出席しました。次に、10日土曜日、千歳青少年育成市民会議主催の「平成30年度ちとせ青少年健全育成市民会議顕彰セレモニー」に今野会長と私の二人で出席してきました。小学生から高校生までの20数名が、スポーツや芸術部門で輝かしい成績を上げられた事に関して表彰されていました。

 

2.曙 嘉輝 会員が膝の治療のため、札幌の病院に入院されています。本日の例会後、クラブとして今野会長とお見舞いに行ってきます。

 

3.来週、11月22日の夜間移動例会はロータリー情報委員会の担当で、羽生会員が経営する「旬のおもてなし和洋ダイニング ゆきあかり」での開催となっています。出欠の返信をされていない方はお早めにお願いします。多くのご参加をよろしくお願いします。

委員会報告

 ◇ロータリー財団・米山記念奨学委員会 浅利 美恵子 委員

 

今月はロータリー財団の特別月間となっております。ロータリー財団および米山奨学金の寄付を会費と一緒にお支払いせず、別途お支払いしたいという方の集金を今月中に行いたいと思っております。寄付の集計を、対象者の方を含め、また、別途追加寄付を希望される方がございましたら、次回の月末の例会に集金をさせて頂きますので、ご用意をよろしくお願いいたします。寄付の目標は、今年度一人当たり100ドルを達成したいと考えておりますので、ご協力をお願いいたします。

部外講師卓話

◇講師紹介:SAA・プログラム委員会 牟田 裕一 委員長

 

本日の講師を紹介いたします。

千歳市観光スポーツ部観光企画課 係長 大西 正起 様です。

 

略歴を紹介いたします。

大西係長のご出身地は旭川で、北海道教育大学旭川分校を卒業後、平成8年より千歳市役所に勤務されております。

産業振興部、市民環境部、教育委員会、総務部、保健福祉部、企画部を経て、平成28年度より現在の職に就かれております。

 

本日は、日本陸連ナショナルチーム(マラソン・長距離・競歩)が2020東京五輪直前合宿地に決定した経緯などについてもお話いただけるようです。

それでは「千歳市におけるスポーツ合宿・大会誘致の取組」と題しまして講義をお願いいたします。

 

◇講師:千歳市観光スポーツ部観光企画課 係長 大西 正起 様

 

卓話の開始前に千歳市の観光PR大使である水森かおりさんから震災後の激励のメッセージとして「がんばれ日本!」「がんばれ北海道!」と激励のビデオメッセージが紹介され、和やかな雰囲気にて卓話が始まりました。

 

卓話では、これまでの千歳市におけるスポーツ合宿やスポーツ大会の誘致に関する取り組みや成果、今後の課題などをご紹介いただきました。「2020東京五輪とその先へ」向けて、千歳市の魅力である「アクセス」「気候」「施設使用料減免」「合宿環境」を活かし、レガシーとして引き続き陸上競技を中心としたトップアスリートの継続した合宿利用や、ゴルフ、自転車、アルティメットなどの競技での活用を見据えて取り組んで行くと説明がありました。

 

・水森かおりさんからのビデオメッセージ紹介

写真左:水森かおりさんのサイン入り等身大パネル(この日のために佐々木 義朗会員が支笏湖の「休暇村」から運搬してきたものです。)

 

・説明スライド一覧

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇謝辞 今野 良紀会長

 

大西係長さま、講話ありがとうございました。千歳市の資源としてその利便性、環境などに胡坐をかくことなく緻密な戦略を立てられ、そしてオール千歳で臨んだ結果、東京五輪直前合宿地に決定するなど、多くの道が開けてきたのだと思っております。今後、様々な課題もあるとは思いますが、一つ一つ解決して行くことができると考えております。

 

私自身、本日のお話をうかがって、千歳市が合宿選手に対して優しい街でありたいと強く思いました。本日はありがとうございました。

ニコニコBOX

◇親睦活動委員会 安達 正子 委員

 

1.今野 良紀 会長

2.馬場 正憲 会員

3.大西 信也 PC

4.太田 千鶴子 会員

5.喜多 康裕 会員

6.榊原 潤 会員

7.佐々木 義朗 会員

8.安達 正子 会員

9.吉田 真也 会員

10.羽生 伴子 会員

 

本日29,000円 前回迄 494,000円 合計 523,000円

出席率

◇出席・資料管理委員会 馬場 正憲 委員

 

今回: 61.8 %(11月15日= 47/76 実数)
確定: 78.9 %(10月25日= 60/76 メークアップ含む)

過去の活動報告を表示