活動報告

早朝活動(ハスカップ手入れ)

日時:2022年6月2日(木)7:00-7:36

場所:道の駅サーモンパーク千歳

プログラム:ハスパップ植樹後の手入れ作業(2006年度・2016年度植樹)

担当:環境保全委員会

月間テーマ:ロータリー親睦活動月間

◇進行:環境保全委員会 武石孝司 委員長

 

 

※本活動はコロナウイルス感染防止対策を徹底して開催しております。

※撮影時にマスクを外している場合もありますが、撮影後には速やかに再着用しております。

 



◇生育状況の確認・当時の経緯をお聞かせいただきました。

 

 

◇少し手入れをしています。

 

 

◇枯れている木もありましたので植え替え・移植等の対応を検討します

 

  

会長挨拶

◇斉藤えみ子 会長

 

皆さんおはようございます

今日は朝早くから環境委員会担当の早朝活動にご参加いただきありがとうございました。
当クラブのこのような木や森の活動には、分収造林は勿論、スポーツセンターのところの
桜の木、向陽台のツツジや桜、千歳川沿いの桜と、そしてこの場所のハスカップの木があ
ります。

 

私が入会して、例会や活動で回った記憶があるのはここまでです、まだ、他にもきっとあ
るんでしょうね。
このハスカップは2006年中山会長年度の取り組んだ事業であり、その10年後の2016年に
、サケのふるさと千歳水族館にこの施設の名称が変わったことを記念として、新たに三本
の木を植樹しました。ちなみにその三本の木は亡くなった佐々木昭パスト会長の奥様、佐
々木農園様からいただいた木です。
今日はそんなハスカップの歴史に触れ木の様子をたしかめようと思います。

 

それでは、ロータリーを探究しよう。笑顔で仲間と共に。

本日もよろしくお願いいたします。

 

過去の活動報告を表示