HOME > 報告 > 国際ロータリー第2510地区第7グループ地区大会「感謝の集い」開催報告

活動報告

国際ロータリー第2510地区第7グループ地区大会「感謝の集い」開催報告

国際ロータリー第2510地区の地区大会(10月4、5日、北ガス文化ホールほか)が無事に終了し、11月2日に千歳市錦町4のベルクラシックリアン平安閣で第7グループ「感謝の集い」が開かれました。ホストクラブの千歳ロータリークラブ(RC)をはじめ、コ・ホストクラブを務めていただいた千歳セントラル、恵庭、長沼、由仁、北広島の各RCから約80人が参加し、おいしい料理とお酒を楽しみながら地区大会当日の様子を写真中心のビデオ映像で懐かしく振り返りました。豪華景品が当たるお楽しみ抽選会も盛大に催され、最後はロータリーソング「手に手つないで」を全員で合唱。来年6月まで福田武男ガバナー(千歳RC)を支えていくことを改めて確認しました。



感謝の集い終了後、参加者全員で記念撮影しました。

 





開会前の受付の様子です。ほぼ1カ月ぶりの顔合わせに笑顔が見られました。

◇開会あいさつ  地区大会実行委員会 武石 忠俊実行委員長



◇第2510地区 福田 武男ガバナー(千歳RC)あいさつ



地区大会の記念パークゴルフ大会、記念ゴルフ大会、会長・幹事会と地区指導者育成セミナー、本会議の模様に触れ、それぞれの催しに評価をいただいたことを強調。「皆さんが一枚岩になって協力していただき、心から感謝しています」と語りました。既に60クラブの公式訪問を終えたことも説明し、ロータリーの基本理念や奉仕の理想とロータリー活動の魅力を今後も伝えていく考えを示しました。

◇ホストクラブ 千歳RC 藤川 俊一会長あいさつ



「地区大会の成功に向け、第7グループがワンチームで取り組むことができた。きょうはおいしい料理を食べながら語らい、大いに盛り上がりましょう」

◇第2510地区 田口 廣ガバナー補佐(千歳セントラルRC)

「第7グループの底力を発揮し、素晴らしい地区大会になった」とワインで乾杯



◇コ・ホストクラブの代表あいさつ



千歳セントラル 高木 昌人会長  恵庭 弘中 司嘉子会長  長沼 池内 昌之会長  由仁 後藤 篤人会長





当日提供されたリアン特製オリジナル料理の一部です。どの料理もボリュームいっぱい。最後のスイーツまで手を伸ばせた人はかなりのつわものです。



参加者は地区大会の模様を映した懐かしのビデオを見たり、テーブルを囲んで和やかに談笑したりしながら友情を深めました。



 





祝宴の半ばに外れなしのお楽しみ抽選会がスタート。本日の料理とともに、福田武男ガバナーには多大なる景品を用意していただきました。



一通り景品が全員に当たったところで、豪華景品を参加者によるじゃんけんで獲得を目指しました。頂上に立ってもゴルフパットの難関が…





   

外れに外れて、また外れて…結局、豪華景品はこの2人がゲットしました。2人です。男性陣はお手上げです。



祝宴はいよいよ佳境へ。盛り上げたのはやはり…この2人。村田研一地区幹事と福田武男ガバナーでした。「やっぱ、あの2人、スゴイ」



最後は女性パワーがさく裂。黄色い声援を受けて福田ガバナーも声をからしながら熱く歌い続けました。



ほっと一息ついたところで、11月16、17日に丸駒温泉旅館で開かれる2019~20年度新会員合宿セミナーのお知らせ。千歳RC親睦活動委員会の佐々木義朗副委員長、佐藤晴一委員が「楽しい企画が盛りだくさん。ぜひ多くのロータリアンに参加していただければ」と呼び掛けました。



締めの乾杯は佐藤 秀雄パストガバナーです。

  

最後はロータリーソング「手に手つないで」の大合唱で締めくくりました。







楽しく、ぜいたくな時間はあっという間に過ぎ去り、それぞれ夜のまちへ飛び出していきました。お疲れさまでした。





 

 

過去の活動報告を表示